ENGLISH

留学なしで英語が話せるようになりたい全ての人へ【独学ロードマップ】

2021年12月26日

英語を話せるようになりたいけど、何から始めればいいのか分からない、、というか、国内で学習しても本当に英語が話せるようになるのか不安。。

英会話にチャレンジしているけど、あんまり上達を実感できてない、、どうすれば英語が話せるようになるんだろう。。

 
こんにちは、Takutoです。国内独学で英会話を始めて2年が経ち、留学経験がないながらも外国の方と英語でコミュニケーションが取れるようになりました。


英会話を始めたいと思っても、留学経験もない自分は多分話せるようにはなれないなと諦めてしまった経験はありますか?


もしくは、英会話を始めてしばらく経つけど、全く上達しなくて悩んでいる方もいるでしょう。

 
この気持ちはほんとによくわかります。僕自身、英会話を始めて成果を実感しはじめたのは1年続けたあとくらいからでした。

 

この記事のポイント

今考えると効率が悪かったなと思うことがたくさんあるので、英語がある程度話せるようになった今、国内独学でどうすれば英会話が上達するのかをまとめてみました。


この記事では、タイトルの通り「独学ロードマップ」と称し、留学経験0で英語を話せるようになった自身の経験を元に、 国内独学での英会話学習方法をご紹介します!
 

この記事を読んでわかること

  • 英語が話せるようになりたい人は何から始めるべきか
  • 留学無しで英語が話せるようになるための学習法(基礎編/実践編)
  • 英語が話せるようになるために必要な期間について
  • 自身の英会話力をワンランクアップさせる学習法


よくYoutubeとかでも「英語が話せるようになる方法」という動画がありますが、その発信をされている方の多くは留学や海外在住経験がある方ばかりですよね。


その方たちも留学先でもちろんかなりの勉強をしたとは思うんですが、留学経験がない人からすると「その方法で国内でも話せるようになるの?」って正直感じてしまいますよね。


留学経験がなくても英語は話せるようになること、話せるようになる具体的な学習法をこの記事でご紹介するので、国内で英語が話せるようになりたい方はぜひ最後までチェックしてみてください。
 

※このブログの全記事に関わるかなりボリューミーな内容になっています。自分の学習フェーズと照らし合わせながら読んでもらえたら嬉しいです。


この記事を書いている人

Twitter:@Takuto

こちらも要チェック

国内で英語が話せるようになるのか不安な方/独学で頑張っているけど成果が出ていない方向けに、個別相談を無料で受けています!詳細はこちら

留学無しで英語が話せるようになりたい人のための独学ロードマップ

これから英会話を始めていきたいんだけど、まずは何から始めたらいいんだろう?


「これから英語を話せるようになりたい!」と思っている人が取るべき行動を、この記事では4ステップに分けてご紹介していきます。
 


それぞれのステップの詳細は次の章からご紹介するので、ここでは概要だけチェックしておきましょう。

  • 備える:レベルチェックとマインド整理
  • 始める:オンライン英会話を始める
  • 試す:対面で英語を話す経験を積む
  • 磨く:効率的な勉強法/学習の継続法を知る


それでは、各フェーズごとに細かく見ていきましょう!
 

英語が話せるようになりたい人は何から始めるべきか

 

まずは「備える」って書いてあるけど、なにをしたらいいの?


英会話を始める準備として行いたいのは次の2つです。

  • 自分の英語力をチェックする
  • 英語を話せるようになるためのマインドを整える


基本的にすぐに英会話を始めることをおすすめしていますが、この2つだけは英会話を始める前にチェックしておきましょう。
 

自分の英語力をチェックする


自身の英語力がすぐに英会話を開始できるレベルかをチェックしましょう。


これから英会話を始めようとしている人でも、次の2パターンがあると思っています。

  • パターン①すでにある程度の英語の知識はあるが、英会話の勉強はしてこなかった人
  • パターン②英語の基礎知識がない人


パターン①の人は次の「英語を話せるようになるためのマインドを整える」の見出しをチェックして、すぐに英会話をはじめましょう。


一方で、パターン②の人は、いきなり英会話を始めても正直すぐに挫折します。 

正直、中学レベルの単語や文法の知識もあやしい場合は、英会話が成立しないですよね。


パターン②の人は、最低限の英語の知識を身につけたあとに英会話を始めるようにしましょう。
 

補足

自分はどちらのパターンかが分からないという方は、「中学レベルの単語や文法が分かるか」もしくは「TOEIC500点以上か」で判断してみてください。


レベル感については「【超初心者には難しい?】オンライン英会話はどのレベルから始めるべきか」で詳しくまとめているので、自分の英語に自信のない方はこちらも確認してみてください。
 

また、自分は確実にパターン②だと思える方は「英会話に必要な文法は1ヶ月でマスターできる!学習法を3ステップでご紹介」を参考に、まずは文法の基礎知識を身につけることをおすすめします。
 

補足

※あまり英文法に時間をかけすぎても「英語を話せる人」にはなれないので、1ヶ月でのマスターを目指して学習に取り組んでみてください!

 

英語を話せるようになるためのマインドを整える


英会話を始める前にもう一つだけ準備してほしいこと、それは「英語学習のためのマインドを整える」ことです。


国内での英語学習に挫折してしまう人のリアルな声がこちら。

  • 学習を続けようと思っても結局モチベーションが保てない
  • なんで英語学習を頑張っているのかがわからなくなった
  • 楽して話せるようになりたかったけど無理だった
  • 留学経験もないし話せるようにはなれないと思ってしまう
  • 日本人だしどうせ英語は話せるようにならない


みなさんはこれを見てどう思いますか?


正直「自分も同じように挫折してしまうかも。。」と思った方も多いと思います。


実際、僕自身も英会話を始めて半年、全くモチベーションが続かず挫折しかける寸前でした。


その証拠に、オンライン英会話を始めてから最初の半年のレッスン回数をスクショした画像を載せておきますね。
 


オンライン英会話を始めて7ヶ月で24回しかレッスンを受けれていないです。
 

19年11月にいたっては月額料金を払ってレッスン回数0回でした。笑


そんな僕でも、今では毎日2~3回以上のレッスンを毎日受けられるようになり、スピーキング力を伸ばすことができています。
 


自身のこうした学習の過程で、英語学習を続ける上で次の4つが大事だなということに気づきました。

  • 英語学習をする目的を明確にすること
  • モチベーションの保ち方を知ること
  • 英会話におけるマインドブロックを取り払うこと
  • 「楽して簡単に」は存在しないことを知ること


このブログでは「国内で英語を話せるようになる人を増やす」を理念に一記事一記事を作成しています。


これまでマインド面に関する記事もたくさん作成してきましたので、気になったものは英会話を始める前にチェックしてみてください。
 

英語が話せるようになるための考え方に関する記事一覧

ポイント

この記事のメインは次章の「英語が話せるようになるための学習法」ですが、英会話を始める前に知っておいて損はない情報を並べました。


この「英会話初心者は何から始めるべきか?」については「【結論】英会話の初心者は何から始めるべきか【学習ステップを解説】」でも詳しく解説しているので、詳細が気になる方はこちらもチェックしてみてください。
  

留学無しで英語が話せるようになるための学習法(基礎編)

 

いよいよ英会話を始めたいんだけど、何から取り組めばいいんだろう?


それでは、この記事のメインである「国内独学で英語が話せるようになるための学習法」についてご紹介していきます。


まず前提として、”英語が話せる”とは「相手の英語を理解でき、自分の言いたいことを英語で表現できる状態」だとして話を進めたいと思います。


この状態になるためにまず取り組んでいただきたいことが次の2つです。

  • 英語を話す機会を増やす
  • 英会話の基礎を徹底的に学ぶ


一つずつ詳しく見ていきましょう!
 

学習法①英語を話す機会を増やす【結論:オンライン英会話を始めよう】


まずは、英語を話す機会を作るために「オンライン英会話」を始めましょう。 

補足

オンライン英会話とはインターネットを使って外国の講師と話すことができる英会話サービスです。


イーオンなどの昔からある英会話スクールとの大きな違いは次のとおりです。

  • 料金が圧倒的に安い
  • PCやスマホでいつでもどこでもレッスン可能


これから英語を話せるようになりたい方は英語を話す環境を作ることがまずは重要で、その環境を安い値段で手っ取り早く(※今日から)作ることができるのがこのオンライン英会話です。
 

関連記事

最近はオンライン英会話の数も異常に多くなり、どれがいいサービスか見分けるのが難しくなってきています。本当に質の高いオンライン英会話を探したい方は「【2021年版】初心者におすすめのオンライン英会話5選【26社から厳選】」をチェックしてみてください。

 

そもそもどんな基準でオンライン英会話を選んだらいいかすらもピンと来てない。。


そんな方は「失敗しないオンライン英会話の選び方【2021年最新版】」をチェックしてみてください。どういう軸でオンライン英会話を決めたらいいかを確認できるでしょう。


オンライン英会話を選ぶ際に参考になる比較記事もいつくか並べておくので、気になる項目があればこちらから直接チェックしてみてください。


オンライン英会話選びの参考にしてもらいたい記事一覧


日本で英語が話せるようになりたいのであれば、まずはオンライン英会話を始めて英語を話す経験を積みましょう。
 

ポイント

多くのブログ記事はサービスの紹介までで終わっていますが、オンライン英会話を継続させることが一番難しいことを僕は痛感してきました。このブログでは、オンライン英会話の取り組み方まで細かく解説しています。


オンライン英会話の学習法に関する全体像は「オンライン英会話の効果的な勉強法9選【効果を最大化させたい方向け】」で詳しくまとめていますが、この中で紹介している記事も一覧で載せておきます。


オンライン英会話に関連する記事一覧


気になるものがあれば記事をチェックしてみて、ご自身の勉強に活かしてみてください。
 

学習法②英会話の基礎を徹底的に学ぶ【結論:発音/単語/文法の強化】


オンライン英会話と並行して、英会話の基礎を学びましょう。
 

ここまでのステップ通りに行動できていれば、ある程度の基礎的な英語力を持った上でオンライン英会話を始め、英語を話すことにトライできている段階でしょう。


ただ、実際に英会話を始めてみると、次のようなことが起こると思います。

  • 相手の言っていることが全然聞き取れない
  • 知っているのに会話で使えないフレーズが多い
  • 自分の言っていることを相手に理解してもらえない


こうなった方は、「発音力」「単語力」「文法力」がまだ十分でないといえるでしょう。


この3つの力が英会話において非常に大事です。まずはそれを痛感してもらうためにもオンライン英会話を始めてもらいました。
 

実際、必要性を感じてからの方が学ぶ意欲が高まりますよね!


各項目について、どう学習していけばいいか具体的にご紹介します!
 

英会話の基礎【発音力】


3つの力の中でも特に抜けがちなのが「発音力」です。 

補足

ある程度の英語の基礎知識がある方でも、英語の発音や発音記号が理解できていなかったり、リエゾンといった英語特有の音声変化について知らない人が多いです。


発音に関する記事をこちらにまとめておくので、相手に伝わる英会話力を身に付けたい方はこちらを一度チェックしてみてください。


発音/音声変化に関する記事一覧


これら発音や音声変化の基礎を学ぶと、自分が聞き取れない英語に対して「なんで聞き取れないのか」を自分で分析できるようになります。


例えば「Please tell him ~」は「プリーズテリム」とネイティブは発音します。


これはリダクションの法則を知っていないと、何でこう発音されるのかもわからないんですよね。


リスニング力アップにも近づく話なので、英会話の基礎として「発音」と「音声変化」は一度しっかり勉強してみることをおすすめします。
 

英会話の基礎【単語力】


英語を聞き取る際にも、自分の言いたい表現をする際にも大事になってくるのが「単語力」です。


あたりまえですが、自分が知らない表現は聞き取ることも使うこともできないですよね。


僕の語彙力もまだまだですが、参考までにどのようにして語彙力強化に取り組んでいるかをご紹介しますね。

  • 単語帳を使って単語やイディオムの知識を増やす
  • 海外コンテンツを見て使えそうな言葉をピックアップする
  • 英会話でよく使う表現を重点的に学ぶ


単語帳は最近だとTOEICの勉強用に「キクタンTOEIC」シリーズ、ネイティブフレーズの勉強用に「Distinction」を使っています。


海外コンテンツは、YoutubeやNetflixを使って米ドラマを見ながら、使えそうな表現や知らない表現を取り入れるようにしています。


英会話でよく使う表現は、最近は「句動詞」を学ぶようにしています。句動詞に関する本もいくつか買って新しい表現を学んでいます。
 

関連記事

単語学習が苦手という方は「英単語の覚え方のコツ7選|科学的に証明されている暗記の3つのポイント」を参考にしてみてください。


このように、オンライン英会話をしながらも英語表現の幅を広げていくことが上達への近道だと言えるでしょう。
 

英会話の基礎【文法力】

文法は全てを学ぶ必要はなく、自分が英会話をしながらうまく表現ができなかったり理解できなかった部分を一つずつ学んでいけばいいと思います。


おすすめの本は「一億人の英文法」で、基礎的な文法力はこの本さえあれば十分学べると思います。


必要に応じて自分の知識として身につけていってみてください。
 

【番外編】独り言は取り入れるべきか


よく国内学習の方法として「独り言」がおすすめされます。確かに効果はあると思いますが、僕自身はあまり独り言を取り入れていません。


なぜかというと、次の2つの理由があります。

  • シンプルに習慣化しにくい
  • レッスン受け放題のオンライン英会話で代替できる


一つ目は僕の問題かもしれないですが、日本語でも独り言を言うことがほとんどないので、英語での独り言が全く習慣化できませんでした。


確かに独り言は常に英語で何かを表現するクセが付くのでいいと思いますが、習慣化しようと思ってもできてない人は僕以外にも多いはずです。


ただ、これだけだと”独り言は必要ない”とは言えないですよね。


そこで大事になってくるのが、二つ目の理由にある「レッスン受け放題のオンライン英会話で代替できる」点です。
 

”レッスン受け放題”のオンライン英会話があることで、独り言は取り入れる必要もないのでは?と主張することができています。笑


独り言推奨派は「1日1レッスン(25分)のオンライン英会話では英語は話せるようにはならない」と主張されていますが、レッスン受け放題のオンライン英会話であればそれは関係ありません。


僕自身もレッスン受け放題のオンライン英会話「ネイティブキャンプ」を2年間使っているので、そもそも独り言が必要ないくらい1日何時間も英語を話すことができる環境を作れています。

補足

ネイティブキャンプは自身の利用歴も長いので、メリットとデメリットや活用方法を詳しくまとめています。レッスン受け放題のオンライン英会話に興味がある方は、関連記事をチェックしてみてください。


ネイティブキャンプに関する記事一覧


ネイティブキャンプのおかげでアウトプットの時間を一日何回も作れているので、独り言は取り入れていないです。
 

留学無しで英語が話せるようになるための学習法(実践編)


第3のステップでは「実践編」と題し、外国の方と対面で英語を話す練習をする方法についてご紹介します。


ここまでのステップ通りに英会話の基礎を学びながらオンライン英会話を半年くらい続けると、少しだけ自分の英語に自信が持てるようになると思います。


次は今まで蓄積してきた経験を元に、対面で外国人と英会話することにトライしてみましょう。 

日本で外国人と定期的に話すとなるとどんな手段があるの?


国内で外国人と英会話を楽しみたい場合、次のような手段があります。※詳しくは「【必見】日本で英語を話す機会を劇的に増やす具体的な方法8選」をご覧ください。

  • 英会話カフェに参加する
  • 英会話ラウンジ/バーを利用する
  • ランゲージエクスチェンジに参加する
  • 国際交流イベントに参加する
  • 外国人の友達を作る
  • シェアハウスを利用する
  • 英語学習アプリを活用する


※僕自身も英会話の勉強を始める前までは全く知らなかった情報ばかりです。


自分から主体的に動いてみると外国人と話す機会っていくらでも増やせるんだなってことをこの2年間で実感しました。
 

ここでご紹介している方法は全て僕自身が体験してきたことなので、自信をもってみなさんにおすすめできます。


それぞれの内容を詳しく書いている記事もあるので、気になるものがあれば一覧からリンク先をチェックしてみてください。


対面での英会話に関する記事一覧

 

英語が話せるようになるために必要な期間

英語が話せるようになる期間ですが、これはどこからが”英語が話せるようになった状態”といえるのかも人それぞれなので、一概に期間は言えないです。


あくまで僕自身がどうだったかという話で言うと、最初の半年を除いて(※まともに勉強していなかった)その後半年~1年くらいで手応えをつかみました。


この時の学習量で言うと、大体以下のとおりです。

  • オンライン英会話:1日1~2回
  • 英会話カフェ&Meetupの利用:週2~3回
  • その他の英語学習:1日1~2時間程度


もちろんネイティブレベルでペラペラかと言われれば全然ですが、外国人と数時間サシで話すのも苦ではないですし、英語スピーキングのテストでも海外駐在に必要だと言われるスコアは取得できています。


全くの初心者は、成果を実感するまで「約半年~1年」ほどかかる可能性があるということを覚えておきましょう。
 

自身の英会話力をワンランクアップさせる学習法


ここまで読んでいただきありがとうございました。いよいよ最後のステップです。


最後のステップは「質の高い英語学習を継続する」です。英会話力をより磨いていくフェーズですね。


ここまでご紹介したことを1~2年間続けることができれば、間違いなくある程度の英語を話せるようになるのですが、ここまで継続させることが大変だともいえます。


このステップでは、英語が話せるようになるための最終フェーズとして重要な3つのことをご紹介します。

  • 英語学習は継続が一番難しいということを知る
  • リスニング力を強化する
  • 使えるサービスやツールを知ってどんどん活用する


英語を話せるようになるために一番大切なパートでもあるので、こちらも一つずつ解説していきます!
 

英語学習は継続が一番難しいということを知る


日本で英語を話せるようになるための最難関事項が「学習を継続すること」です。


これが難しい理由は、日本では英語を話さなくていい環境で過ごすことができてしまうからです。


そんな環境で英語を勉強するわけですから、継続やモチベーションの保ち方を知っておく必要があります。
 

なんとか学習を続けていきたいと思う方は「なぜ英語学習は継続が難しいのか?忙しい社会人でも継続できる秘策8選」でもご紹介している”社会人でも実践できる英語学習の継続法8選”を実践してみてください。

  • 英語を学ぶ理由を明確にする
  • 英語を学ぶ時間を固定化する
  • 英語を学んでいる仲間を見つける
  • 実践の場で英語を使ってみる
  • 外国人の友達を作る
  • サボりにくい環境を作る
  • 常に英語に触れられる環境を作る
  • 定期的に英語の試験を受ける


英語学習の仲間を見つけるにあたってはTwitterを活用することがおすすめです。


関連記事:英語学習者はTwitterを活用すべきたった一つの理由【活用法5選】


定期的に受けたい試験に関しては、もちろんTOEICもおすすめですが、よりスピーキングの成果に特化したい場合はVERSANTというテストがおすすめです。


VERSANTはTOEICに比べてもまだまだ知名度が低いですが、その魅力と重要性をいくつかの記事にまとめています。こちらもぜひあわせてチェックしてみてください。


VERSANTに関する記事一覧


ご紹介した工夫を試しながら、質の高い英語学習を継続していきましょう!
 

リスニング力を強化する


英会話力をあげるためには、スピーキングだけでなくリスニング強化も大事なポイントです。


最初はスピーキングの難しさに苦戦すると思いますが、学習を重ねるごとにむしろリスニング力の重要性に気づくことになると思います。


特にネイティブの英語ですね。彼らの英語が聞き取れるようになるには、より多くの英語に触れることが重要です。
 

関連記事

大事なのは「聞こえない英語」⇒「聞き取れる英語」に一つずつ変えていくことです。リスニングの学習方法は「英語のリスニング力を現実的に上げる具体的な勉強方法まとめ」で詳しくまとめています。


英会話は話すことに目が行きがちですが、最低限のスピーキング力は半年~1年で身に付きます。ただ、ネイティブの英語が聞き取れるようになるにはもっと時間がかかります。


相手の言っていることが聞き取れなければ会話にもならないので、これから英会話を頑張りたい方は上の記事を参考に、リスニング力の強化にも積極的に取り組んでみてください。
 

使えるサービスやツールを知って活用する


最後に、2年間独学をする中でこれは使えるなと思ったサービスやツールを10つご紹介します。


それぞれの機能については「【全て無料】英会話を学習する全ての人におすすめできるWebサイト10選」で詳しくまとめているので、使えそうだと思ったものを自身の学習に取り入れてみてください!


※細かくまとめている記事もいくつかあるので、一覧でまとめてご紹介しておきます。


英会話学習に使えるWebサイトに関する記事一覧


ちなみに、ご紹介しているサービスはすべて無料です。


こうしたサービスやツールは自分に合う合わないがあるので、実際に使ってみて学習の役に立つかどうかを確かめてみてください。
 

【結論】国内独学でも英語は話せるようになる

今回は国内で英語が話せるようになりたい人に向けた学習法について細かくご紹介しました。


この記事はロードマップということで、各ステップでの詳しい学習法については関連記事に記載していることもあるので、気になる箇所があった方はそれぞれの記事の内容も確認してみてください。
 

補足

このブログ内のサイトマップ的な記事に仕上げたので、これから国内で英会話を頑張りたい方は、自分のフェーズにあわせてこの記事に戻ってきて何を学ぶべきかを確認してみてください!

このブログでは、「留学未経験」の「社会人」が「国内」で英語が話せるようになるための実践法について記事を書いています。


一人でも多くの人が留学を経験せず英語が話せるようになり、人生の選択肢を増やしてほしいと思っているので、こうした発信が少しでもその手助けになればうれしいです。


本記事の内容は以上となります。

-ENGLISH

© 2022 While in Japan Powered by AFFINGER5