独学ノウハウまとめ

英会話に必要な文法は1ヶ月でマスターできる!学習法を3ステップでご紹介

英語が話せるようになるにはどのレベルまでの英文法を理解していればいいんだろう?中学レベルの文法で問題ないって聞くけど本当?

英会話に必要な文法事項をサクッと学びたい。どのような手順で勉強して、どのレベルを目指したらいいのかを知りたいな。


これから英会話を始めようとしている初心者の方は、どのレベルまで英文法を勉強しておけばいいのか悩みますよね。


先に結論からいうと、英会話初心者のうちは中学レベルの英文法を理解できていればほとんど問題ありません。


なぜなら、実際に全く英語が話せなかった僕自身も、中学レベルの英文法をうまく使いこなせるようになるだけで外国の方と英会話を楽しめるようになったからです。


この記事では「英会話」における英文法の重要性と、どのレベルまで学習すべきかについて解説していきます。
   

この記事を読んでわかること

  • 英会話における文法の重要性について
  • 英会話に必要な文法レベルとは
  • 英会話に最低限必要な文法を1ヶ月でマスターする学習法
  • 英文法の学習テクニック3選


TOEICなどの資格で高得点を取るには細かな文法を知る必要がありますが、英会話に必要な文法は1ヶ月で学習可能だと考えます。


具体的な学習手順を3ステップでご紹介するので、英文法は要点だけ押さえて、なるべく早く英会話にチャレンジしたい!考えている初心者の方はぜひ最後まで読んでみてください。
 

この記事を書いている人

英会話における文法の重要性について

英会話において、英文法はとても重要な役割を担っています。


英文法は「単語と単語を組み合わせるルール」なので、これが分からなければどう文章を組み立てればいいかがわかりませんよね。


スポーツなどと同じで、英会話のルールの一つである「文法」は早い段階で学んでおいた方がいいです。
 

英文法を学ばなくても英会話はマスターできるのか?


英文法を学ばないまま話せるようになる可能性があるのは子どもだけです。


残念ながら、大人になったら脳の仕組みがかわってしまうので、英文法を学ばずに英会話をマスターするのは至難の業です。


詳しくは英語学習チャンネルとして有名なAtsueigo(登録者数:40万人以上)のAtsuさんが紹介しているので、気になる方はこちらをぜひご覧ください。


一つ確実に言えるのは、大人になってから英会話を始めようとしているあなたは、確実に文法は学習した方がいいということです。
 

英会話では文法通りに話せないと全く通じないのか?


これはNOです。


もちろん文法がぐちゃぐちゃだと伝わらないですが、多少の文法ミスであれば通じる場合がほとんどです。


例えば、日本語でも「昨日は夜ご飯にカレーを食べます」と言われたら「”食べました”って言いたかったんだな」ってわかりますよね。


”三単現のSが”とか”過去形が”とかを指摘する人もいますが、このレベルのミスは許容範囲です。基本さえ押さえてれば十分通じますよ。
 

ポイント

とはいえ、あたりまえですが正しい文法を身に付けた方が相手にも理解してもらいやすいです。よりきれいな英会話にしていきたいという方は、正しい英文法を学んでいきましょう!

  

英会話に必要な文法レベルとは

「初心者の英会話」という点に特化して考えれば、中学レベルの英文法さえ分かっていれば基礎は押さえられていると考えます。


TOEICや受験で高得点を取りたいのであれば話は別ですが、英会話の初期ステップに必要なスキルは間違いなく中学英語でカバーできます。


より具体的にいうと、次の10個の文法事項が分かっていれば、英会話を始められるレベル(十分にスピーキング力を伸ばしていけるレベル)だと言えるでしょう。

  • 基本文型
  • 品詞(名詞・代名詞・動詞・形容詞、等)
  • 動詞(一般動詞/be動詞・規則動詞/不規則動詞、等)
  • 肯定文・否定文・疑問文
  • 三人称単数現在形
  • 時制(現在形・過去形・未来形・現在完了形、等)
  • 能動態・受動態
  • 不定詞・動名詞
  • 比較級・最上級
  • 関係代名詞


これくらいの内容ならわかる!という方は、十分英会話力を伸ばしていけるレベルでしょう。
 

参考

初心者が英会話を始めるなら、コスパのいい”オンライン英会話”がおすすめです。オンライン英会話スクールの選び方を知りたい方は「【必見】オンライン英会話の選び方完全ガイド」をご覧ください。

 

中学レベルの文法を使えば英会話ができると考える理由


「伝わる英語」であれば、このレベルの文法を正しく使えばネイティブとでも会話ができるからです。


事実、僕自身はいまだに難しい文法を使っていませんが、日本に滞在している外国の友達と何時間でも英語で話せるようになりました。


「ネイティブ並みの難しい表現を使いたい」と思ったらこれ以上のレベルを学ぶ必要があるかもですが、初心者の段階でここまで求める必要はありません。


基本を忠実におさえるという意味でも、中学レベルの文法が分かれば日常会話はできるようになります!
 

英会話に中学レベル以上の文法が必要になる時とは?


「英語で話せる表現の幅を広げたい!」と思った時でいいでしょう。


英語が少しずつ話せるなると、この表現は知ってるけど使えないなという表現が出てきます。


たとえば、使役動詞と呼ばれる「make」「let」「have」などを使った表現は、初心者のうちは少し使うのが難しかったりします。
 

補足

使役動詞はレベルで言うと高校レベル(中学で習うこともあるが)で、ネイティブはよく使うけど日本人はうまく使えない文法だと言えるでしょう。


こうした表現を学びたいと思った時に、一つずつ丁寧に勉強していければ完璧です!
  

各文法はどのくらいの理解度になるまで学習すればいいの?


人に教えられるレベルで理解すると、実際の英会話でも使うイメージを強く持てるようになるでしょう。


例えば「現在完了ってなに?」って聞かれたときに、そのルールとどんな時に使われるのか、例文なんかも交えて説明できれば、十分に理解できていると言えるでしょう。


その文法を知らない人に向けて、ルールや具体的にどう使えるのかを説明できるようになれていればばっちりです。
 

英会話に最低限必要な文法を1ヶ月でマスターする学習法【3ステップ】


次に、中学レベルの英文法をおさらいしたいと考えている初心者の方向けに、具体的な学習方法をご紹介します。


「1か月で英会話に必要な中学英文法を身につける」をコンセプトに、次の3ステップで学習に取り組んでみて下さい。

  • ステップ1:中学英文法の教材を一冊用意する
  • ステップ2:10個の文法事項に絞って学習する
  • ステップ3:1ヶ月で3回復習して理解を深める


step
中学英文法の教材を一冊用意


まず、中学レベルの英文法がおさらいできる本を一冊買いましょう。


ネットの情報を集めて学ぶでもいいですが、体系化された本が一つあると勉強しやすいです。


基本的に「中学英文法」というタイトルの本を選んでもらえればと思いますが、何かおすすめは?と聞かれれば「中学英文法ドリル」と答えます。


東進ハイスクールのCMでおなじみ「安河内哲也」先生の著書です。
 

step
10個の文法事項に絞って学習する


英会話に最低限必要な10個の文法事項を選んで、一日一文法を学ぶペースで学習していきましょう。
 

補足

今回は1か月で英会話に必要な文法を理解するということで10個と言っています。余裕があったり何カ月かけてもいいという方は、一通り学習してみることをおすすめします。


先ほどもご紹介しましたが、最低限知っておきたい10個の文法事項は次のとおりです。

  • 基本文型
  • 品詞(名詞・代名詞・動詞・形容詞、等)
  • 動詞(一般動詞/be動詞・規則動詞/不規則動詞、等)
  • 肯定文・否定文・疑問文
  • 三人称単数現在形
  • 時制(現在形・過去形・未来形・現在完了形、等)
  • 能動態・受動態
  • 不定詞・動名詞
  • 比較級・最上級
  • 関係代名詞


ポイント

英語が話せるようになりたい方は、一早く英会話を始めるべきだと思っています。なので、文法は最低限の事項を1ヶ月で理解して、他の文法は英会話をしながら一緒に勉強していくのがベストだと考えています。


まずはこの10個の項目を、一日一文法のペースで学習してきましょう。
 

step
1ヶ月で3回復習して理解を深める


1ヶ月でこの10個の文法事項を3回学習して理解を深めましょう。


ステップ2のやり方で学習すれば、10日で1周終えることができるはずです。


これを3回繰り返すことで、英会話に最低限必要な文法事項を1ヶ月でマスターすることができます。
 

ポイント

目指す理解度は先ほどご紹介したとおり。英文法に詳しくない人にもわかりやすく教えられるレベルを目指しましょう!


1周だとすぐに忘れてしまうので、最低限3周することが大事です。5周するのももちろんありです。


実際に、複数回学習した方が記憶には残りやすいと科学的にも証明されています。(※忘却曲線)
 

参考

これは英単語を暗記する時にも言えることです。詳しくは「英単語の覚え方のコツ7選|科学的に証明されている暗記の3つのポイント」を参考にしてみてください。

 

基礎学習を終えた後の英文法の学習について


自分の成長速度にあわせて、必要に応じて英文法を学んでいきましょう。


今回は1ヶ月で英会話に最低限必要な文法事項を押さえるための学習法をご紹介しています。


ただ、英会話を続けていく中で、あいまいな知識や文法的によく分からない表現がたくさん出てくるはずです。


例えば、”現在完了”なんかは文法として理解しているだけではおそらくうまく使いこなせないでしょう。
 

補足

これは日本語にはあまりない概念だからです。ですが、ネイティブや英語を話せる人はこの現在完了をめちゃくちゃ使います。


このように、基礎を学び終えたあとは英会話の勉強を続けながら、必要に応じてその文法を学んでいきましょう!


ワンランク上の文法書として何かおすすめがあれば知りたいという方に、「一億人の英文法」をご紹介します。


かなり分厚い本ですが、基礎からかなり細かい文法事項までが書かれている良書です。


より細かな英文法を理解したいという方向けの必読本です。
 

英会話に必要な文法を最速でマスターする学習テクニック3選

でも、文法書をベースにした勉強って、なんだかつまんなくて進まないんだよな。。


このような悩み、わかります。文法書の例文を読んでいるだけだと退屈ですよね。少なくとも僕は退屈に思えます。


そんな方に、文法を楽しくマスターする学習テクニックを3つご紹介します。

  • 実際の英会話で各文法がどのように使われているのかを確認する
  • 洋画や洋ドラマで日常英会話を聞く機会を増やす
  • YouTubeを使って楽しく文法を学ぶ

 

実際の英会話で各文法がどのように使われているのかを確認する


文法書を読んでもいまいち理解できない文法は、実際に使われている場面を確認してみましょう。


例えば、先ほど例にあげた”現在完了”がよく分からなかったとします。


その時は、ネイティブが実際に現在完了の表現をどう使っているのか見てみましょう。


どうやってその場面を見つければいいか分からない、、という方は「YouGlish」という無料サイトを使ってみてください。詳しい使い方は「【神サイト】YouGlishとは?使い方をマスターして正しい発音を身に付けよう」でまとめています。


このように、文法書だけではよく分からない表現は勉強の仕方を工夫しましょう。
 

洋画や洋ドラマで日常英会話を聞く機会を増やす


これは一つ目のテクニックとは逆のアプローチで、外国人の日常会話から理解できない文法を見つけましょう。


例えば、ネイティブの人はたまに「There's two choices.」というように、There is ○○(複数形)という表現をしたりします。


これって”二つの選択肢”という複数形が動詞のうしろに来ているので、文法的には絶対「There are two choices」が正しいですよね。
 

ポイント

このように、ネイティブの日常英会話からも様々な表現を学ぶことができます。


何の教材を使えばいいの?という方もいるかもですが、今はYouTubeを使えばいろんな英語コンテンツを無料で見ることができます。


YouTubeも英語の自動字幕を付ければ十分おすすめですが、Netflixに登録している方は「Language Learning with Netflix」を使った学習がおすすめです。


日本語字幕と英語字幕を同時に見れるので、意味の理解がよりスムーズにできます。詳しい使い方は「【超便利】Language Learning with Netflixの使い方【無料で使えます】」をご覧ください。ちなみにこれも無料です。
 

YouTubeを使って楽しく文法を学ぶ


英文法の情報について、わかりやすく発信している人の情報をキャッチしましょう。


10年前はテキストベースでの勉強法しかありませんでしたが、今では動画や音声からも情報を得ることができるようになりました。


実際にYouTubeで「英語 文法」とか「英会話 文法」と入力して検索してみてください。


たくさんの動画が出てくると思うので、再生回数の多い人気の動画をみてみると参考になると思います!
 

補足

より詳しい文法事項について知りたいなら「英文法 現在完了」のように絞って検索してみましょう。


このように、英文法を体系的に学ぶために1冊の本は用意しつつも、細かな文法事項は動画を使って学習した方が印象に残りやすいのでおすすめです。


参考になりそうな動画は自分で見つけてほしいですが、「何か一つおすすめを教えて!」と言われれば、先ほどもご紹介した「Atsueigoチャンネル」がいいよ!と答えるでしょう。


英文法に関しても様々な動画があがっているので、気になるものから見てみてください。

 

まとめ:英会話に必要な文法は1ヶ月でマスター可能|あとは英会話をしながら知識を付けていこう!

今回は”英会話”に特化したかたちで、英文法の必要性と初心者が何から始めればいいかについて解説しました。


結論、英会話において英文法はもちろん大事だけど、中学レベルの英文法さえ押さえられていればまずはOKです。


基礎が分からないと英会話にはならないので、まだ文法に自信がないという方はご紹介した3ステップで早いうちに確実に身に付けておきましょう。

  • ステップ1:中学英文法の教材を一冊用意する
  • ステップ2:10個の文法事項に絞って学習する
  • ステップ3:1ヶ月で3回復習して理解を深める

補足

1ヶ月プランはあくまで”最短で”という話なので、むりに1ヶ月にしなくても、自分のペースで学習していけばOKです!


今回ご紹介した方法で学習すれば、どんな初心者でも英会話を始められるだけの土台ができあがります。


この学習を終えた人は、自身を持って英会話にチャレンジしてみてください。応援しています!
 

参考

初心者が英会話を始めるなら、マンツーマンでレッスンができてコスパのいい”オンライン英会話”がおすすめです。オンライン英会話スクールの選び方については「【必見】オンライン英会話の選び方完全ガイド【7つのポイントを歴2年半の筆者が解説】」をご覧ください。


マンツーマンがどうしても怖い、、という方は、グループでコスパよく学べる英会話カフェがおすすめです。初心者テーブルなども用意されているので安心です。詳しくは「LanCul英会話カフェの評判は良い?利用者である筆者がリアルをご紹介」をご覧ください。


本記事の内容は以上となります。
 

このブログでは、「留学未経験」の「社会人」が「国内」で英語が話せるようになるための実践法について記事を書いています。


この記事が英語を話せるようになりたいと思っている人の挑戦の後押しになればうれしいです。


今回は以上です。

-独学ノウハウまとめ

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5