英会話カフェ&バー

東京都内の英会話カフェ12選【初心者におすすめトップ3もご紹介】

2021年9月30日

都内の英会話カフェに行ってみたいけど、どんな場所があるんだろう?その中でどこがおすすめなのかも知りたいなぁ。

英会話教室よりもお手軽なのかな?英会話カフェに興味があるけど、実際の料金とか特徴がよくわからない。。


英会話を初めたいと思って英会話教室について調べてみるも、料金が高すぎてすぐに断念した、、なんて経験はありませんか?


そんな方にもおすすめできるのが「英会話カフェ」です。料金も英会話教室に比べて圧倒的に安く、気軽に英会話を練習できる場所と言えるでしょう。


ただ、英会話教室(NOVA、イーオンなど)やオンライン英会話(DMM英会話など)と比較すると、どんなお店があるの?どのお店が人気なの?ってまだまだ認知されてないんですよね。
 

英会話カフェに通い始める前の僕も、どの英会話カフェがおすすめなんだろう?と悩みました。


そこで今回は、東京都内の12の英会話カフェのサービス内容をまとめてご紹介します。
 

この記事を読んでわかること

  • 東京都内の英会話カフェ12選
  • 東京都内の英会話カフェの選び方
  • 英会話カフェと英会話教室の違い
  • 東京の英会話カフェ|初心者におすすめはこの3つ!


記事の後半では、12つの英会話カフェの中でもおすすめの3つをご紹介します。


この記事を読むことで、魅力的な英会話カフェが見つかると思うので、ぜひ最後までチェックしてみてください。
 

関連記事

英会話カフェそのものについて詳しく知りたいという方は「英会話カフェとは?特徴からメリット・デメリットを解説【利用歴2年半】」をぜひご覧ください。

 

この記事を書いている人

東京都内の英会話カフェ12選

まずは、都内の12の英会話カフェを一気にご紹介します。


一つずつ紹介していきますが、それぞれのお店の比較をしたいという方は次の一覧表をご覧ください。
 

東京都内の英会話カフェ12選【比較表】

店舗名 ①LanCul ②カフェ英会話 ③English Only Café ④LeafCup ⑤ALPHA英会話カフェ&スクール ⑥Mickey House ⑦CLUB CUE ⑧flamingo ⑨Cafeliz(カフェリス) ⑩NORTON PLACE ⑪MELTING POT ⑫triplo
料金 9,800円/月
(スタンダートコース)
※毎日100分利用可
500円/時間 無料
※ワンドリンク制
1,100円/時間 1,100円/時間 2000円/日 6,000円/月
(土日会員コース)
※1回2時間利用可
1000円~
※講師次第
1,000円/時間 1,900円/2時間 1,100円/時間 1,000円/1回
場所(最寄り駅) 都内各所 都内各所 神保町 飯田橋 渋谷 高田馬場 表参道 都内各所 池袋 池尻大橋 西荻窪 新宿
予約 必須 必須 不要 参加コース次第 不要 不要 不要 必須 不要 不要 不要 必須
アルコール 場所次第 場所次第
初心者対応 初心者テーブルあり 初級コースあり 初心者対応あり ビギナーズテーブルあり ビギナーズテーブルあり 初心者テーブルあり 初心者向けシステムあり コース次第 プライベート
レッスンにて対応
初級クラスあり
特徴 複数店舗で開催
メディアにも多数掲載
コスパNo1
複数店舗で開催
初中級者両方に対応
オンライン対応も充実
参加費が無料
ランゲージエクスチェンジあり
営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
老舗英会話カフェ
外国人も多め
初級コースが充実
月額定額制
会員コース多数
おしゃれ
講師を予約し
指定のカフェで
レッスン受講
英語以外の言語
レッスンも対応可能
紹介キャンペーンあり
イベント多数開催
スタータークラスあり 英語+αの
スピーキング練習
(歴史・文化・ビジネス等)


それでは、一つずつ見ていきましょう!
 

①LanCul


「LanCul」は一番知名度の高い英会話カフェで、フジの「めざましテレビ」や雑誌「Forbes Japan」など数多くのメディアで紹介されています。


料金は月額定額制で、スタンダードコースだと月額9,800円で毎日利用することができます。
 

項目LanCul
料金9,800円/月
特徴複数店舗で開催
メディアにも多数掲載
コスパNo1
場所(最寄り駅)都内各所
予約必須
アルコール
初心者対応初心者テーブルあり


英会話カフェだと”1回参加でXX円”というのが主流なので、月額定額制は珍しかったりもします。


まとめてお金を払うことになりますが、通えば通うほどお得になるのが特徴です。
 

\ LanCulの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

②カフェ英会話


「カフェ英会話」は、店舗とオンラインの両軸でイベントを開催しているサービスです。


開催場所によって料金やサービス内容は違いますが、だいたい1回500円~とかなので、リーズナブルな値段で参加することができます。
 

項目カフェ英会話
料金500円/時間
特徴複数店舗で開催
初中級者両方に対応
オンライン対応も充実
場所(最寄り駅)都内各所
予約必須
アルコール場所次第
初心者対応初級コースあり


また、参加予約時に「初級コース」「中級コース」などコースも確認できるので、初心者の方でも安心して利用することができます。
 

\ カフェ英会話のサイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

③English Only Café


「English Only Cafe」は神保町に店舗がある、英会話専用のカフェです。


ワンドリンク制ではありますが、参加費は無料なので、1回あたりの料金が他の英会話カフェに比べて安いです。
 

項目English Only Cafe
料金無料
※ワンドリンク制
特徴参加費が無料
ランゲージエクスチェンジあり
場所(最寄り駅)神保町
予約不要
アルコール
初心者対応初心者対応あり


他の特徴でいうと、定期的にランゲージエクスチェンジを開催しています。


ランゲージエクスチェンジは日本語と英語の両方を使って外国人と交流できるイベントなので、英会話を始めたばかりの初心者にもおすすめです。
 

関連記事

ランゲージエクスチェンジについては「【初心者にこそおすすめ】ランゲージエクスチェンジの特徴とメリット3選」で詳しくまとめているので、興味のある方はこちらをご覧ください。

 

\ English Only Cafeの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

④Leafcup


「LeafCup」は飯田橋にある英会話スクール兼英会話カフェです。


料金は最初の1時間が1,100円で、その後は30分ごとに400円が足されていきます。
 

項目LeafCup
料金1,100円/時間
特徴営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
場所(最寄り駅)飯田橋
予約不要
アルコール
初心者対応ビギナーズテーブルあり

 
予約が不要なので、好きな時間に何時間でも利用することができるのが特徴です。
 

\ LeafCupの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑤ALPHA英会話カフェ&スクール


「ALPHA英会話カフェ&スクール」は、LeafCupとほぼ同じサービス内容を提供されている渋谷の英会話カフェです。


予約不要で参加可能、時間は最初の1時間が1,100円、その後は30分ごとに550円が必要です。
 

項目ALPHA英会話カフェ&スクール
料金1,100円/時間
特徴営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
場所(最寄り駅)渋谷
予約不要
アルコール
初心者対応ビギナーズテーブルあり


こちらも初級者用にビギナーズコースがあるので、初心者でも安心して利用することできます。
 

\ ALPHA英会話カフェ&スクールの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑥Mickey House


「Mickey House」は高田馬場にある英会話カフェで、日本の英会話カフェの中でも老舗店舗にあたります。


一般の人は2,000円、学生は1,600円で何時間でも英会話を楽しむことができます。
 

項目Mickey House
料金2,000円/日
特徴老舗英会話カフェ
外国人も多め
初級コースが充実
場所(最寄り駅)高田馬場
予約不要
アルコール
初心者対応初心者テーブルあり


老舗店というこもあり、英会話カフェ界隈でも知名度が高いです。


また、英語以外の言語交流も行っているので、日本人よりも外国人の方が多いなと感じました。
 

\ Mickey Houseの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑦CLUB CUE


「CLUB CUE」は表参道にある月額定額制の英会話カフェです。


コースは様々ですが、平日会員だと月8,000円、土日会員だと月6,000円で1回2時間利用することができます。
 

項目CLUB CUE
料金6,000円/月
(土日会員コース)
※1回2時間利用可
特徴月額定額制
会員コース多数
おしゃれ
場所(最寄り駅)表参道
予約不要
アルコール
初心者対応初心者向けシステムあり


料理やお酒を楽しめたりして、カフェというよりかは若干ラウンジに近いイメージです。


場所も表参道なため、おしゃれな英会話カフェ(ラウンジ)の印象が強いです。
 

\ CLUB CUEの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑧flamingo


「flamingo」はこれまでご紹介した英会話カフェとは少しルールが異なるサービスです。


基本的にはオンラインでマンツーマンレッスンを予約し、その講師とどこかのカフェで会ってレッスンをするサービス形態になっています。


料金は担当してもらう講師によって変わりますが、基本的に1時間2,000円~3,000円でレッスンを受けられます。
 

項目flamingo
料金1000円~
※講師次第
特徴講師を予約し
指定のカフェで
レッスン受講
場所(最寄り駅)各所
予約必須
アルコール場所次第
初心者対応コース次第


日本人の講師もいれば、アメリカ人やイギリス人などのネイティブの講師もたくさんいます。


※カフェで会うので英会話カフェの一部としましたが、オンライン英会話の対面版のようなイメージでしょう。
 

\ flamingoの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑨Cafeliz(カフェリス)


「Cafeliz(カフェリス)」は、Mickey Houseと似たような多言語対応の英会話カフェです。


最初の1時間が1000円で、その後は30分ごとに500円が必要です。
 

項目Cafeliz(カフェリス)
料金1,000円/時間
特徴英語以外の言語
レッスンも対応可能
場所(最寄り駅)池袋
予約不要
アルコール無し
初心者対応プライベート
レッスンにて対応


英会話カフェには珍しく、プライベートレッスンも実施しています。
 

\ Cafeliz(カフェリス)の公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑩NORTON PLACE


「NORTON PLACE」は、池尻大橋にある英会話カフェです。


カフェだけでなく英会話スクールもあるので、LeafCupやALPHA英会話カフェ&スクールと似ている特徴を持ちます。
 

項目NORTON PLACE
料金1,900円/2時間
特徴紹介キャンペーンあり
イベント多数開催
場所(最寄り駅)池尻大橋
予約不要
アルコール
初心者対応


利用頻度が多くなるほど値段が安くなるクーポン券などももらえるみたいです。
 

\ NORTON PLACEの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑪MELTING POT


「MELTING POT」は、中央線の西荻窪から徒歩1分のところにある英会話カフェです。


1時間で1,650円ですが、会員になると1時間1,100円で利用することができます。
 

項目MELTING POT
料金通常:1,650円/時間
特徴スタータークラスあり
場所(最寄り駅)西荻窪
予約不要
アルコール
初心者対応初級クラスあり


日常会話などを練習できるスタータークラス(初級コース・中級コース)も用意されています。
 

\ MELTING POTの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

⑫triplo


「triplo」は「クリエイティブラーニング英会話」というコンセプトのもと、「英語+何かあたらしいこと」を学ぶスタイルを打ち出しています。


通常は英会話レッスンがメインですが、週3回のみお茶会が開かれているみたいです。
 

項目triplo
料金1,000円/1回
特徴英語+αの
スピーキング練習
(歴史・文化・ビジネス等)
場所(最寄り駅)新宿
予約必須
アルコール
初心者対応


通常のレッスンはメンバーにならないと参加できないみたいですが、このお茶会はメンバーでなくても参加できるようです。
 

\ triploの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

東京都内の英会話カフェの選び方|チェックすべき5つのポイント

東京都内で自分に合う英会話カフェを見つけるために、英会話カフェ選びの際にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介します。

  • ポイント①自分にとってコスパが良いお店かどうか
  • ポイント②自分の自宅や職場の近くにあり通いやすいか
  • ポイント③自分の通いたい時間に営業しているか
  • ポイント④自分のレベルにあったサービスが受けられるか
  • ポイント⑤事前予約が必要かどうか

 

ポイント①自分にとってコスパが良いお店かどうか


自分の利用スタイルを考えて、一番コスパがよくなるお店を選ぶようにしましょう。


英会話カフェには次の二つのタイプがあります。

  • 都度払い制(1回ごとに参加費を支払い)
  • 月額制(定額通い放題)


月に数回しか通えない人であれば都度払いがおすすめですが、何回も通える人にとっては月額制の方がコスパが良かったりします。


また、参加費以外にドリンク代や延長料金がかかる場合もあるので、そのあたりを見越してどこならコスパがいいかをぜひ考えてみてください。
 

ポイント②自分の自宅や職場の近くにあり通いやすいか


英会話カフェを選ぶ際に、開催場所は大きなチェックポイントと言えるでしょう。


英会話カフェは1店舗での運営がほとんどなので、その場所が職場や自宅から遠いと、いくらサービスがよくても通いずらいです。


英会話カフェの最大のデメリットは、その店舗まで足を運ばなければならないところにあると言えます。


サービス内容で決めるのももちろんいいですが、通いやすさは絶対意識することをおすすめします。
 

ポイント③自分の通いたい時間に営業しているか


ここは言わずもがなチェックしてもらえるかと思います(笑)


英会話カフェというくらいなので、居酒屋やバーと違って思っているよりも遅い時間までやっていません。
 

注意ポイント

2021年現在はコロナの影響もあり、通常よりさらに営業時間が短縮されているところも多いです。


会社後などに通ってみたいと考える方は、営業時間をしっかりチェックしておきましょう。
 

ポイント④自分のレベルにあったサービスが受けられるか


まだ英会話を始めたばかりの人であれば、初心者テーブルや初級者コースがあるかを確認しておきましょう。


店舗によって大きく異なるのが、「初心者対応が充実しているか」です。


英会話カフェでは主催の方と、集まった人とで4,5人でテーブルを囲い、フリートークするのが基本スタイルです。
 

そんな環境でみんな上級者だと、完全に何もできず終わります。僕は初期にこれで失敗しました。笑


HPとかで初心者コースや初心者テーブルがあると言っている英会話カフェでも、実際は決まった曜日や日程でしかそのコースが用意されていないこともあります。


なので、初心者の方は確実にレッスン内容を事前にチェックするようにしておきましょう。
 

ポイント⑤事前予約が必要かどうか


英会話カフェによって事前予約が必須のところもあるので気を付けましょう。


いつ来てもOKが英会話カフェの基本スタイルですが、人数制限をもうけているお店もあります。


予約の要否は事前に確認し、必要であれば予約してからお店に行きましょう。
 

英会話カフェと英会話教室の違い

「英会話カフェって、英会話教室と何が違うの?」


よく聞く疑問なので、英会話カフェと英会話教室の違いを一覧表にまとめてみました。
 

英会話カフェと英会話教室の違いまとめ

店舗名 英会話カフェ(都度払い) 英会話カフェ(月額制) 英会話教室
サービス名
(一例)
カフェ英会話
English Only Cafe、等
LanCul
CLUB CUE
NOVA
イーオン、等
料金 1回500円~

LanCul:6,800円~/月
CLUB CUE:6,000円~/月

NOVA:11,000円~/月4回
イーオン:12,375円~/月4回
場所 基本1店舗
※稀に複数店舗
LanCul:複数店舗
CLUB CUE:1店舗
複数店舗(駅前)
講師 なし なし あり
初心者対応 店舗次第 あり あり
条件 1回1時間~

LanCul:毎日利用可能
CLUB CUE:平日or休日限定

※料金はグループレッスンの場合


この中でも一番違いが目立つのが「1回あたりの料金」と「講師」です。


英会話教室はこの値段で、しかも月4回しか通えません。


英会話カフェであれば、1回の値段が安ければ500円~ですし、月額制であればもっとコスパが良くなります。
 

ポイント

英会話教室は講師もいるので勉強という面ではいいですが、それでも料金が高すぎるので、初心者にはリーズナブルで気軽に通いやすい英会話カフェがおすすめです。

 

東京の英会話カフェ|初心者におすすめトップ3

第3位:English Only Cafe


「English Only Cafe」独自の特徴は次の2つです。

  • 英会話カフェの中で最安値
  • ランゲージエクスチェンジがある

 

英会話カフェの中で最安値


「English Only Cafe」は参加費が無料なので、実質ドリンク1杯分(500円程度)しか料金がかかりません。


他の英会話カフェであれば、安くても1時間1,000円、プラスドリンク代が必要になるところが多いです。


ドリンク1杯で2時間程度いられるので、リーズナブルに通いたい方にはおすすめです。
 

ランゲージエクスチェンジがある


「English Only Cafe」ではランゲージエクスチェンジのイベントも行っています。


ランゲージエクスチェンジは、その名の通り日本語と英語をチェンジしながら、外国人と交流するイベントのことです。
 

関連記事

このランゲージエクスチェンジは日本語を使えるので、初心者にとてもおすすめです。詳しくは「【初心者にこそおすすめ】ランゲージエクスチェンジの特徴とメリット3選」をご覧ください。


ランゲージエクスチェンジを行っている英会話カフェは他にないのでおすすめです。
 

\ English Only Cafeの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

第2位:カフェ英会話


「カフェ英会話」独自の魅力は次の2つです。

  • 通いやすい/参加しやすい
  • 少ない人数でフリートークが楽しめる

   

通いやすい/参加しやすい


店舗とオンラインの両方が充実しているので、ユーザーにとってはとても使いやすいです。


最近の英会話カフェの特徴として、コロナの影響で店舗運営から店舗×オンラインに移行しつつあります。


この「カフェ英会話」は、断トツでオンラインのイベントが充実していて、毎日数十個のイベントが開催されています。


オンラインとあわせていくつかのカフェでもイベントが毎日開催されているので、1店舗しかない英会話カフェよりも通いやすいのが魅力です。 

少ない人数でフリートークが楽しめる


カフェ英会話は、参加人数を多くても8人程度に絞っています。


通常の英会話カフェであれば、人数制限はありません。参加人数が多い場合は、テーブルを移動したりしていろんな人と交流します。
 

一方で、カフェ英会話では参加人数が絞られるので、少ない人数でフリートークを楽しむことができます。


人数が絞られることで、より密な交流ができるので個人的には人数が少ないイベントをおすすめしています。


そういった点で、このカフェ英会話のサービスはとてもおすすめです。
 

\ カフェ英会話のサイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

第1位:LanCul


おすすめの英会話カフェ第一位は「LanCul」です。


LanCulならではの魅力は次の3つです。

  • コスパが良すぎる
  • 実店舗に通いやすい
  • アルコールを飲みながらリラックスして話せる

   

コスパが良すぎる


LanCulは、月額9,800円で毎日100分英会話をすることができます。


LanCulは月額料金制で、各コースによって料金や利用できるサービスが変わります。


わかりやすく「スタンダートコース」で解説すると、月9,800円で店舗orオンラインで毎日100分レッスンを受けられます。
 

ポイント

仮に毎日利用できるとしたら、1回(100分)あたり330円ほどで英会話が楽しめます。


これって破格の安さで、コスパ最強といわれる人気のオンライン英会話でも、毎日25分レッスンできて月額6,500円(1回あたり220円)とかです。


コスパ良く英会話の時間を増やして、より早く英語を上達させたいと考える人にLanCulはおすすめです。
 

実店舗に通いやすい


LanCulは、新宿や渋谷などの東京中心地から、自由が丘や武蔵小杉や吉祥寺と言った住居地の近くにも店舗を構えています。


LanCulは複数店舗を運営しているので、都内付近に住んでいる方であればとても通いやすいのが特徴です。


通常の英会話カフェであれば1店舗運営がほとんどなので、自宅や職場の近くにある英会話カフェの方が通いやすいのは明らかです。


自宅や職場から通いやすいエリアにたくさんお店があるのが、LanCulの魅力の一つです。
 

アルコールを飲みながらリラックスして話せる


LanCulではお酒の飲めるお店が多いです。
 

補足

通常の英会話カフェは名前の通り、コーヒーや紅茶がメインでアルコールは提供していないところがほとんどです。


初心者ゆえ対面での英語は緊張してしまう、、という方は、リラックスした状態で参加するためにも適度なアルコールは有効だと考えます。※飲みすぎは禁物ですが。


お酒を飲みながらリラックスして英会話を楽しみたいという方にもLanCulはおすすめです。
 

\ LanCulの公式サイトはこちら /

※コロナ禍により細かな変更の可能性あり。詳細は公式サイトをご覧ください。
 

まとめ:英会話カフェは気軽に英会話を始めたい人におすすめ【東京は店舗も豊富】

今回は東京都内の英会話カフェについて詳しくご紹介しました。


英会話カフェ自体は全国にたくさんありますが、数が多いのはやっぱり東京です。


改めて各店舗の特徴をまとめておくので、自分の目的に合って英会話カフェを見つけて、ぜひ一度足を運んでみてください。
 

東京都内の英会話カフェ【比較表】

店舗名 ①LanCul ②カフェ英会話 ③English Only Café ④LeafCup ⑤ALPHA英会話カフェ&スクール ⑥Mickey House ⑦CLUB CUE ⑧flamingo ⑨Cafeliz(カフェリス) ⑩NORTON PLACE ⑪MELTING POT ⑫triplo
料金 9,800円/月
(スタンダートコース)
※毎日100分利用可
500円/時間 無料
※ワンドリンク制
1,100円/時間 1,100円/時間 2000円/日 6,000円/月
(土日会員コース)
※1回2時間利用可
1000円~
※講師次第
1,000円/時間 1,900円/2時間 1,100円/時間 1,000円/1回
場所(最寄り駅) 都内各所 都内各所 神保町 飯田橋 渋谷 高田馬場 表参道 都内各所 池袋 池尻大橋 西荻窪 新宿
予約 必須 必須 不要 参加コース次第 不要 不要 不要 必須 不要 不要 不要 必須
アルコール 場所次第 場所次第
初心者対応 初心者テーブルあり 初級コースあり 初心者対応あり ビギナーズテーブルあり ビギナーズテーブルあり 初心者テーブルあり 初心者向けシステムあり コース次第 プライベート
レッスンにて対応
初級クラスあり
特徴 複数店舗で開催
メディアにも多数掲載
コスパNo1
複数店舗で開催
初中級者両方に対応
オンライン対応も充実
参加費が無料
ランゲージエクスチェンジあり
営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
営業時間内であれば
好きな時間に利用可能
老舗英会話カフェ
外国人も多め
初級コースが充実
月額定額制
会員コース多数
おしゃれ
講師を予約し
指定のカフェで
レッスン受講
英語以外の言語
レッスンも対応可能
紹介キャンペーンあり
イベント多数開催
スタータークラスあり 英語+αの
スピーキング練習
(歴史・文化・ビジネス等)


英会話カフェを上手に利用して、今よりもワンランク上のスピーキング力を身に付けていきましょう!


本記事の内容は以上です。
 

30このブログでは、「留学未経験」の「社会人」が「国内」で英語が話せるようになるための実践法について記事を書いています。 

オンライン英会話」「英会話カフェ」「国際交流会など、具体的な始め方から利用方法までをまとめているので、興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。


この記事が英語を話せるようになりたいと思っている人の挑戦の後押しになればうれしいです。


今回は以上です。

-英会話カフェ&バー

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5