独学ノウハウまとめ

【結論】英会話の初心者は何から始めるべきか【学習ステップを解説】

英会話に興味があるんだけど、学生時代に留学経験もあるわけじゃないし、今からやっても遅いかな?

これから英会話を始めるとしたら、何から始めれば効率よく学ぶことができるのか知りたいな。


英会話をこれから始めようと思っている方は、「そもそもに何からやればいいの?」って悩んでしまいますよね。


というか、今から英語始めても遅い?って不安も感じてしまいますよね。わかります。


僕自身も学生時代に留学経験もなかった状態から英会話を始めたので、全く話せるようにならなかったらどうしようと毎日のように不安に思っていました。


でも、2年続けてみると、頑張ってよかったなと思えるレベルまで来れました。今では外国の方と二人でも2~3時間英語だけでトークできます。
 

あなたができたからって、だれでも話せるようになるものなの?ましてや国内だけで?


そう思った方もいるかもですが、国内だけで英語が話せるようになった人はたくさんいます。
 

留学など海外経験なしで英語が話せるようになった大人を何人も知っています。


ただ、実際に話せるレベルになるには、正しい方向で学習する必要はあると思っています。


この記事では、英会話の初心者が何から始めればいいのかを提案し、どうすれば効果的にスピーキング力を伸ばしていけるかについてご紹介します。
 

この記事を読んでわかること

  • 英会話の完全初心者は何から始めるべきか
  • 初心者が手を出すべきではない英会話の学習法
  • 効果的に英会話力を上げるための学習法
  • 大人になってから英会話を学ぶのは遅い?


さきに言っておくと、楽な方法とか裏技の紹介ではないので、”〇週間であっという間に!”みたいな情報を求めている方は他の記事を参考にしてみてください。


この方法に沿って努力することで、全く話せない状態から英語を話せるレベルになる方法を知ることができるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。
 

この記事を書いている人

 

英会話の初心者は何から始めるべきか

英会話初心者は次の3ステップをおこなってみてください。

  • ステップ1:自身の英語レベルをチェックする(準備編)
  • ステップ2:英語の基礎を学ぶ(基礎編)
  • ステップ3:実践力を鍛える(実践編)

 

ステップ1:英語力のレベルチェック


まず何よりも先に、自身の英語力をチェックしましょう。


英会話の初心者って言っても、厳密には次の二パターンに分かれます。

  • パターン1:中学レベルの単語や文法も分かっていない人
  • パターン2:英語の読みはある程度できる人


パターン1の人は、まだ英会話を始めるレベルではありません。


英語を話すって、知っている単語を文法どおりに並べて、正しい発音で音を出すことですよね。


中学レベルの単語と文法がわかっていないと、英語を組み立てることができないので、そもそも英会話が上達していきません。


パターン1の方は英会話を始める前に、まずは中学レベルの基礎的な単語・文法知識を学びましょう。
 

参考

自分が英会話を始めるレベルなのか詳しく知りたい方は「【超初心者には難しい?】オンライン英会話はどのレベルから始めるべきか」をご覧ください。


一方、パターン2の人は既に英語の基礎力はある状態だと思うので、ステップ2はスキップしてステップ3にうつってOKです。
 

ポイント

英語を話せるようになる一番の近道は「英語を話すこと」です。当たり前のようで結構大事です。

 

ステップ2:英会話のための基礎力を高める


中学レベルの英語の知識も微妙という方は、基礎的な「単語」と「文法」をサクッと学びましょう。
 

注意ポイント

ここで時間をかけすぎる必要はないです。あくまで目的は英語を話せるようになるための最低限の土台作りです。ある程度基礎が分かったら、ステップ3に移りましょう。

 


あえて目安をあげるなら、TOEIC(英語の資格試験)で400点以上を取れるレベルであれば英会話を始めましょう。


私は英会話を始められるレベルかな?と気になった人は「【超初心者には難しい?】オンライン英会話はどのレベルから始めるべきか」をご覧ください。
 

基本的な英単語を学ぶ


中学レベルの単語と熟語を覚えればOKです。


一度義務教育の中で習ったことのある単語や熟語なはずなので、テンポよく覚えられるといいですね。
 

補足

英単語を覚えるコツについては「英単語の覚え方のコツ7選|科学的に証明されている暗記の3つのポイント」でまとめています。


具体的な教材名をあげるなら、「世界一わかりやすい中学英単語」を覚えれば最低限OKです。


ただ、上の単語帳はあまりに中学単語なので、もう少し頑張って単語を覚えたい方は「Duo」にチャレンジしてみましょう。

 

英単語の学習方法については、英語系YouTuberとして有名なAtsuさんの動画を参考にしてみてください。

 

基本的な英文法を学ぶ


文法も、細かなルールを全部覚えてから英会話を始めようとしたら時間がかかりすぎます。


中学レベルの文法をマスターしたらステップ3に移りましょう。


あえて一冊あげるなら、「楽しく!わかりやすく!スッキリ!中学英文法」を使えばOKです。


東進ハイスクールの英語講師として一躍有名になった安河内先生の著書です。


細かな文法についても勉強したくなった人は「一億人の英文法」を買ってみてください。全国書店での売り上げランキング(英文法部門)1位の超有名本です。

 

英文法の学習方法についてはこちらを参考にしてみてください。


補足

「発音」も英会話において重要な要素なのですが、英会話を始めた時に同時に学べばOKです。この時点で必須ではないので一旦スキップしています。

 
 

ステップ3:英会話の実践力を鍛えていく


もうすでに基礎力がある人、またはステップ2で基礎力を身につけた人は、実際に英会話力を高めていくための学習を始めましょう。


具体的に取り組むべきは次の4つです。

  • オンライン英会話を始める
  • 基本的な発音を学ぶ
  • 基本的な音声変化を学ぶ
  • リスニング力を鍛える

  

オンライン英会話を始める


何よりもまず先に、オンライン英会話を始めましょう。


オンライン英会話をすぐに始めた方がいいたった一つの理由がこれです。

  • 英語を話せるようになる一番の近道は、英語を話すことにあるから


当たり前ですが、できていない人が多いのも事実です。


外国人と話す機会を作るために、一番手っ取り早いのがオンライン英会話です。


少し厳しい言い方ですが、オンライン英会話のために月額6500円すらも払えない人は、英語を話せるようになること自体諦めた方がいいです。


日本にいながら英語を話せるようになるためには、最低限オンライン英会話の環境は必要です。
 

ポイント

昨今はオンライン英会話の数が多すぎて選ぶ際に悩む人が多数です。自分に合ったオンライン英会話の探し方を知りたいという方は「【必見】オンライン英会話の選び方完全ガイド【7つのポイントを歴2年半の筆者が解説】」をご覧ください。


 

基本的な発音を学ぶ


英会話を始める中で、同時に基本的な発音を覚えていきましょう。
 

補足

発音は英会話を始める前に学習できていればベターですが、出来てなくてもOKです。同時に学習してしまいましょう。


正しい発音を知ることで、新しい単語に出会っても発音記号を見るだけでその言葉の音を正しく作ることができます。


本来の音と乖離した音を出さないためにも、英会話に力をいれたい人は発音を学んだほうがいいでしょう。
 

英語の発音ってなんだか難しそうだし、気が進まないなぁ。。


こう感じる方も多いかもしれませんが、英語の発音学習はいたってシンプルです。


なぜかというと、覚えるべき発音記号はたったの50コ(母音:26コ、子音:24コ)のみだからです。


英単語となれば、上級者になるために何千何万と覚える必要がありますが、発音だけであれば覚えるのはこれだけです。
 

補足

日本の英語教育の中で発音学習は重要視されていないため難しいと感じる人も多いみたいですが、学習してみれば拍子抜けするほど単純ですよ。


英語の正しい発音について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。
 

基本的な音声変化を学ぶ


発音を学び終わったら、音声変化のルールについても学びましょう。


一つ一つの発音が分かっても、この音声変化のルールを押さえないとネイティブの英語は聞こえるようにならないからです。


英語は、文章になると言葉一つ一つが繋がる性質があり、その中で音が変化したり消えたりします。
 

ポイント

この英語の音声変化をリエゾンと呼びます。詳しく知りたい方は「」をご覧ください。


ネイティブの音が聞こえない原因はこのリエゾンと呼ばれる音声変化にある場合がほとんどです。


この音声変化について学ぶことで、「なぜこの音が聞こえないのか?」を自分で分析できるようになるでしょう。
 

リスニング力を鍛える


リエゾンと呼ばれる音声変化について学習したら、あとは色々な外国人の英語を聞いて、リスニング力を高めていきましょう。


学習ステップは以下の通りです。

  • ステップ1:字幕も見ず英語を聞く
  • ステップ2:聞き取れなかったところを何回も聞き直す
  • ステップ3:何回聞いても聞き取れなかったところの字幕やスクリプトを確認する
  • ステップ4:なぜその音が聞き取れなかったのかを分析する


これを繰り返すことでリスニング力は確実にアップします。


リスニング力を鍛えるための学習方法については以下の記事をご覧ください。
 

>>Coming soon
 

初心者がするべきではない英会話の学習法


次の5つは学習法としておすすめしないです。

  • 英会話教室に通う
  • 高額な短期レッスンに申し込む
  • すぐに留学する
  • 「○○するだけ」の教材に手を出す
  • 特定の文章だけを丸暗記する

  

英会話教室に通う


英会話教室は絶対におすすめしないです。料金が高すぎます。


大手の英会話教室って、知名度こそあれど金額があまりに高いです。
 

項目NOVAイーオンGaba
コース名フリープランレギュラープラン
グループレッスン12,788円/月
月4回(週1回)
11,000円/月
月4回
マンツーマンレッスン11,550円/1レッスン
1レッスン50分
31,000円/月
月4回
7,100円/1レッスン
1レッスン40分


オンライン英会話であればマンツーマンで毎日レッスンが受けられて6,500円程度です。


英会話教室は回数も月4回とかしか受けられないので、どの面で考えてもおすすめできません。
 

高額な短期レッスンに申し込む


短期間の集中型英語プログラムもおすすめしません。


こちらも金額が高すぎるし、継続することでしか英語は話せるようになっていかないからです。

項目PROGRITRIZAP ENGLISH
料金2ヶ月プラン:380,600円
3ヶ月プラン:544,500円
16回:437,800円
24回:580,800円
32回:723,800円
※1回:50分


どう考えても高いですよね。こちらを選ぶくらいなら、オンライン英会話がやっぱりおすすめです。
 

すぐに留学する


すぐに留学するのもNGです。


留学経験者が留学前にやっておけばよかったこと第一位が「語学の事前学習」です。
⇒参照:留学前にやっておけばよかったと思うこと1位は「語学の学習」


何も話せない状態で言って人とコミュニケーションが取れず、積極的に英語を学べなかった経験のある人を何人も知っています。


今はテクノロジーの進化により、日本でも十分英語学習ができる環境がそろっているので、いきなり留学は取るべき選択肢ではないでしょう。
 

「○○するだけ」の教材に手を出す


残念ながら、そんなに簡単に英語は話せるようになりません。


昔聞き流すだけで英語がペラペラっていう「○○○○ラーニング」ってのが流行りましたが、どこまで効果があったかは定かではないです。


コツコツ学習していくしか道はないと思うので、「○○するだけで」みたいな教材はこのブログではおすすめしていません。
 

特定の文章だけを丸暗記する


ある文章を丸暗記することもあまり意味がないでしょう。


例えば「家の前に立っているのは僕の父です」という文章を暗記しても、その文章を丸ごと使うことはほぼないでしょう。


なので、「~の前に(in front of)」や「~の人(A who is ~)」のような熟語や文法事項を押さえるようにしましょう。


文章だけ覚えるのは学習ではなく作業になってしまい、楽しくなくなると思うので。
 

効果的に英会話力を上げるための学習法

取り組むテーマは2つです。いたってシンプルです。

  • 英語を聞く時間を増やす
  • 英語を話す時間を増やす


まずは英語に触れる時間を増やしましょう。「勉強」じゃなく「楽みながら」がポイントです。
 

英語を聞く時間を増やす


まずは、英語を聞く時間を増やしましょう。


少し前までは面白くもない教材の音声を聞いて地道にリスニング力を鍛えることしかできませんでしたが、今では面白いコンテンツを英語で見れる&聞けるようになりましたよね。 

楽しく学べる英語コンテンツ

  • YouTube
  • Netflix
  • Podcast



Netflixは月額1000円ほどかかりますが、YouTubeとPodcastに関しては無料で使うことができます。


字幕が付けられたりスクリプトをネットで確認できたりするので、こうしたコンテンツを使いながら英語学習をしてみることをおすすめします。
 

英語を話す時間を増やす


日本にいながら英語を話す時間を増やす方法は次の3つです。

  • 独り言をする
  • レッスン受け放題のオンライン英会話を使う
  • 国際交流ができるイベントに参加する


特に「レッスン受け放題のオンライン英会話を使う」は今日から実践できて、毎日実践することができます。


この条件でおすすめなオンライン英会話は「ネイティブキャンプ」です。月額6,480円でレッスンを無制限で受けられます。


ネイティブキャンプについて詳しく知りたい方は「ネイティブキャンプの評判は良い?利用歴2年の筆者が特徴を16記事で徹底解説」をご覧ください。
 

大人になってから英会話を学ぶのは遅い?

どのレベルを目指すかによりますが、外国人とコミュニケーションができるレベルであればだれでも達成できるでしょう。


日本語で考えればわかりやすいですが、いくら算数や理科が苦手な人でも、日本語を話せない日本人はいないですよね。


そのくらい、言語っていうのは頑張ればある程度はだれでも習得できるものなんです。
 

参考

僕自身は、学生時代に一度も海外に留学した経験がありませんでしたが、23歳の時に国内で英語を話せるようになることを決めました。


正しい学習を続ければ、2年くらいで何の問題もなく外国人と英語で話せるレベルになれるでしょう。
 

まとめ:英会話の初心者はオンライン英会話から始めるのがベスト【ただし英語の基礎力がある前提】

今回は英会話の初心者がなにから始めるべきかについて解説しました。


ぜひ今回ご紹介した3ステップで、英会話を始めてみてください。

  • ステップ1:自身の英語レベルをチェックする
  • ステップ2:英語の基礎を学ぶ
  • ステップ3:実践力を鍛える


正しい努力ができれば、初心者でも半年で大きな伸びを実感できるでしょう。


すでに基礎がある人は、ぜひオンライン英会話から始めてみてください。
 

補足

半年が過ぎるまではモチベーションを保つことも大事です。英語学習のモチベーションを保つ方法については「オンライン英会話のモチベーションを高める重要な3要素と9つのコツ【すぐに実践可能】」でまとめています。


 

本記事の内容は以上となります。


このブログでは、「留学未経験」の「社会人」が「国内」で英語が話せるようになるための実践法について記事を書いています。


この記事が英語を話せるようになりたいと思っている人の挑戦の後押しになればうれしいです。


今回は以上です。

-独学ノウハウまとめ

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5