活用法

オンライン英会話のモチベーションを高める重要な3要素と9つのコツ【すぐに実践可能】

オンライン英会話を始めて数か月経つけど、全然継続できていない。自分にもがっかりしていて、今にも辞めてしまいそう。。モチベーションを上げる方法を知りたいな。


この記事は、このような悩みを抱えている方向けの記事になっています。


「オンライン英会話を毎日継続できてます!」って方は実践されている内容かもしれないので、スキップしていただいてOKです。
 

この記事を読んでわかること

  • オンライン英会話でモチベーションが続かない5つの理由
  • オンライン英会話のモチベーションを高める重要な3要素
  • オンライン英会話でモチベーションを保つコツ9選


オンライン英会話を始めたばかりの初心者の場合、1週間くらい経つと徐々にやる気がなくなってきて、気づいたらほとんどレッスンを受けていないなんて経験はありませんか?


僕自身2年半前にオンライン英会話を始めたのですが、最初がまさにその状態でした。実際、半年で20回程のレッスンしか受けられていない状態でした・・
 

― オンライン英会話を始めた当初のレッスン回数 ー


2019年の11月に関しては、月額料金を払っていながら1回もレッスンを受けれていません。


そんな僕でも、今では継続的にオンライン英会話を続けられていて、毎日レッスンを250日以上続けられています。
 

― 2021年7月末までのレッスン回数 ー


この記事では、そんな自身の経験を元に、オンライン英会話のモチベーションを高める上で必ず意識している三要素についてご紹介します。


また、継続のための細かなテクニックとして、モチベーションを保つ9つの実践法についても解説していきます。


これからオンライン英会話を継続し、英語が話せるようになりたいと思っている初心者の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。
 

この記事を書いている人

オンライン英会話でモチベーションが続かない5つの理由

次の5つが考えられます。一つずつ見ていきましょう。

  • オンライン英会話の目的を明確化できていない
  • 成果を実感できていない
  • 自分一人で頑張ろうとしている
  • レッスンを受けるタイミングが悪い
  • オンライン英会話を楽しめるレベルに至っていない

 

オンライン英会話の目的を明確化できていない


オンライン英会話でモチベーションを保つために最も大切なことが「目的の明確化」だと考えます。


日本にいる限り、英語を話す環境はほぼないです。英語は、日本で生きていく上ではほぼ必要ないです。


英語を勉強している友達だってほんの一握りだと思います。なので、モチベーションなんて下がり続けるのが普通です。


ポイント

オンライン英会話を続けないといけない理由がないことが、モチベーションを維持できていない一つの要因といえるでしょう。


 

成果を実感できていない


モチベーションが上がらない人は、オンライン英会話の成果を実感できていない、もしくは実感する前の段階の人が多い印象です。
 

ちらっと一言

スピーキング力ってうまくなっている実感が湧きにくいですよね。点数とかでも測りづらいし。


実際はうまくなっていたとしても、リーディングみたいに点数アップを顕著に確認できるわけではないので、肌感覚でうまくなったと感じない限り成果を実感しにくいです。


自分的に成果を実感できていないことが、モチベーションを下げている要因の一つになっています。
 

自分一人で頑張ろうとしている


一人で勉強を続けていると、モチベーションの維持も難しいですよね。


よっぽど意志が強い人でない限り、英会話ってサボってしまいますよね。さっきも言った通り、基本的に日本人には必要ないスキルなので。
 

僕自身も、誰にも言わずいつの間にか英語が話せるようになってやろう!と考えた時もありましたが、すぐにサボるようになりました。笑


一緒に学習する仲間がいない」というのが、モチベーションを下げている一つの要因かもしれません。
 

レッスンを受けるタイミングが悪い


もしかしたら一日の終わりにオンライン英会話を受けている人も多いかもしれません。


ただ、一日のおわりって当然一番疲れてますよね。その状態でレッスンを受けている人は、「オンライン英会話=つらい」と自分で印象付けてしまっている可能性があります。


疲れた状態でオンラインレッスンを受け続けている人は、それがそのままモチベーションの低下につながってしまっているかもしれません。
 

オンライン英会話を楽しめるレベルに至っていない


そもそも自分の英語力は、オンライン英会話を始めるレベルに至ってるでしょうか。


押さえておきたいポイント

オンライン英会話は「英語の基礎力はあるが、話す経験をしてこなかった英会話初心者向けのサービス」であり、英語の基礎もない人が受ければ必ず挫折します。


正しい走り方も分からず体力もないのに、いきなりマラソンを走れと言われてもしんどいですよね。


このレベルの方は、これ以降のモチベーションを高める方法を知るより、学習方法から見直した方がいいかもです。


関連記事

自分のレベルを確認したい方は「【超初心者には難しい?】オンライン英会話はどのレベルから始めるべきか」をご覧ください。


 

オンライン英会話のモチベーションを高める重要な3要素

モチベーション維持に重要な3要素がこちらです。

  • 目的の明確化
  • 適切な環境づくり
  • 成果の測定

 

目的の明確化


モチベーションが上がらないと悩んでいる人は、まず初めにオンライン英会話を続ける目的”を明確にしましょう。


ただ何となく英語を話せるようになりたいと思っている人と、海外勤務や留学がすぐ先に迫っていて、英語を使う場面を明確に想像できている人とでは、明らかにモチベーションが違うでしょう。
 

僕自身も、「1年半以内にアジア市場の開拓を担う海外部署に行く」という明確な目標を定めてから、モチベーションが一気にあがりました。


何度も言いますが、日本で英語を学ぶ以上、英会話に慣れるまではモチベーションと確実に戦い続けることになります。


本気で英会話を続けたければ、なぜオンライン英会話を学ぶのかを明確にしておくことが大きな手助けになるでしょう。
 

適切な環境づくり


オンライン英会話を続けていくための環境づくりは大切です。例えば次のとおり。

  • レッスンを心地よく受けられる環境は整っているか
  • レッスンを受けるタイミングや時間帯は適切か
  • 英語学習を頑張る仲間がいるか


オンライン英会話を頑張る初心者=日本で英会話を頑張る日本人、ですよね。


日本で英語を学ぶのは決してベストな環境ではないです。海外にいた方が強制的に学ぶ気になると思います。


その状態でもモチベーションを高めるためには、できるだけモチベーションを維持できる環境と、一緒に切磋琢磨で切る仲間が必要です。
 

成果の測定


定期的に自身のスピーキング力を測ることを意識しましょう。


「スピーキング力ってどう測ればいいの。。」という方、次の方法がおすすめです。

  • スピーキング関連のテストを受けてみる
  • 自身の過去と今の英語音声を比較してみる


ここ最近はスピーキング関連の資格も注目されてきていて、リーディング力やリスニング力と同様に数値的に実力を見れるようにもなってきました。


また、自分でオンライン英会話の音声を数カ月単位で録音し、比較してみることで上達を実感することもできます。
 

補足

1ヶ月単位ではほとんど変化がないと思いますが、半年後とかに音声を比較すると明らかに上達を実感できますよ(定期的にレッスンを続けている前提)


オンライン英会話の成果を実感することが、なによりもモチベーションに繋がります。
 

オンライン英会話でモチベーションを保つコツ9選

ここまで、オンライン英会話のモチベーションを高める上で根幹となる3要素をご紹介しました。


ここではより具体的に、オンライン英会話のモチベーションを維持するために実践してもらいたい9つのコツをご紹介します。

  • 英語を学ぶ理由を作る
  • レッスンを受ける時間を朝に変えてみる
  • 学習内容を発信・シェアする
  • 英語の勉強仲間を作る
  • うまく行っている人を参考にする
  • 次のレッスンをすぐに予約する
  • スピーキングの資格を定期的に受ける
  • オンライン英会話以外の英語学習時間を増やす
  • 自分に合うオンライン英会話を探す

 

英語を学ぶ理由を作る


「なんで英語を勉強をしているんですか?」という質問にすぐに答えられるようにしましょう。


先ほどは海外赴任や留学など極端な例をあげましたが、理由はなんでもいいです。


自分なりに納得感があって、その目標のためなら頑張ろうと思える理由があればOKです。
 

ちらっと一言

自分のやりたいことを明確にすることで、もしかしたら英語学習以外のことがやりたいと気づけるかもしれません。それも前進ですよね。


モチベーションを保つための、英語学習の理由を自分なりに作り上げましょう。
 

レッスンを受ける時間を朝に変えてみる


レッスンを夜に受けていてモチベーションが保てないという方は、朝レッスンに切り替えてみましょう。


仕事や子育てをしながらオンライン英会話をしている人は、夜の時間にレッスンを受けていることが多いでしょう。


ただ、一日の終わりってやっぱり疲れてますよね。初心者の場合、25分のオンライン英会話レッスンでも体力を使うので、いつもレッスン前が億劫になりがちです。


補足

その状態を続けてしまうと、徐々に「オンライン英会話=やりたくないこと」という意識が芽生えてしまいます。


この状態から抜けだすために、朝にレッスンを受ける習慣を作ることをおすすめします。
 

いや、そもそも朝が苦手。。しかも、朝からレッスンを受ける方がハードルが高いし億劫なんだけど。。


こういう意見、わかります。僕も元々朝が大の苦手でした。
 

僕も昔は、朝レッスンの方が怠いと感じてしまい夜レッスンを選んでいました。


そんな僕でも、朝にだるくなる原因と対策を知ることで、朝の苦手意識が消えました。今ではすっきり朝レッスンを受けられています。


朝が苦手だという方にはぜひ「【早起きが苦手なあなたへ】朝が弱い原因と具体的な対策3つ」をご覧ください。
 

おすすめ

朝にオンライン英会話を受けるメリットは「オンライン英会話を朝に受講するメリットとは【早朝におすすめサービス3選】」でまとめています。


 

学習内容を発信・シェアする


モチベーションを保つ一つの方法として、学習内容を発信・シェアするのも効果的です。


例えば、オンライン英会話のレッスンを受けたら、その感想や学んだことをツイッターでツイートするのもいいでしょう。


そうした投稿に反応やいいねをもらえたりするので、自分一人で学習するよりはるかにモチベーションがあがります。


僕自身も、英語学習用のツイッターアカウント(@takuto6111)を作成してから、オンライン英会話の毎日レッスンにトライし始め、今日まで約250日間続けてレッスンを受けられています。
 

一緒にオンライン英会話を頑張る仲間を増やしたいので、ぜひフォローをお願いします。笑


モチベーションを上げる一つの方法として、学習内容をシェアするのはすぐにでもできるのでおすすめです。
 

英語の勉強仲間を作る


一緒に英語学習を頑張る仲間を作ると、よりモチベーションがあがります。


こちらも手っ取り早いのが、ツイッターで英語学習している方と繋がることです。
 

オンライン英会話を頑張っている方をフォローすることで、毎日刺激をもらっています。


また、リアルで英語の勉強仲間を作りたいのであれば、LanCulなどの英会話カフェや、ミートアップなどの国際交流会に参加することをおすすめします。
 

※LanCulやミートアップがどういう場所かについては、次の記事でご紹介しています▼  
 

 
関連記事
Meetup(ミートアップ)とは?東京で開催されている国際交流会について
 

うまく行っている人を参考にする


ツイッターやYouTubeなどで、オンライン英会話を使って英語が実際に話せるようになった人を参考にしてみましょう。


実際に、日本でオンライン英会話を活用するだけで英語が話せるようになっている人もいます。


※国内独学という点でおすすめは「Atsuさん」「みずりゅうさん」「Mahoさん」です。


Atsuさんは海外の大学院を出ていますが、それまでは日本で独学で英語を話せるようになっていて、留学前にTOEIC満点、TOEFL100点以上を獲得しています。


みずりゅうさん、Mahoさんに関しては、留学経験もなく完全独学で英語ペラペラです。


彼らはYouTubeチャンネルで自身の英語も披露しているので、レベルとしては間違いないです。
 

一度聞いてみてください。国内でもこのレベルになれるということがモチベーションに繋がります。


こうした方を参考に、自分の学習法を見直してみたり、モチベーション維持のために彼らの動画を見ることをおすすめします。
 

次のレッスンをすぐに予約する


オンライン英会話でレッスンを受け終わったら、すぐに次のレッスンを予約しておきましょう。


ちらっと一言

あとで予約しようと思って、気づいたら一日レッスンを受けなかったなんてことが僕自身もありました。


レッスンの時間を事前に決めるだけで、心の準備ができるのは間違いないです。


オンライン英会話によっては予約不要なところもありますが、予約が必須のオンライン英会話であれば今日から実践してみましょう。
 

これを実践すれば、モチベーションうんぬんでなく、半強制的にレッスンを受け続けられます。キャンセルしなければ(笑)

 

スピーキングの資格を定期的に受ける


何でもいいので、スピーキングにまつわる資格試験を受けてみましょう。


スピーキングに特化したテストと言えば次の2つが挙げられます。


おすすめはVersantです。Versantは単純にスピーキング力を測る試験なので手軽でお得です。※詳しくは上のリンク先をどうぞ


TOEICだとWritingテストも同時に受けなければならないので微妙ですよね。


補足

ほかの資格試験である「英検」「TOEFL」「IELTS」は4技能を測る試験なので、純粋なスピーキング力を測るには過多です。


ちなみに、資格以外でスピーキング力を測る方法は次の2つです。

  • オンライン英会話のスピーキングテストを受ける
  • 自分の英語を録音する


オンライン英会話の中には月一で無料でスピーキング力を測るテストを実施しているところがあります。


このブログでおすすめしている「ネイティブキャンプ」「DMM英会話」「レアジョブ」は、どれも無料でスピーキングテストを受けられます。詳しくは「英会話初心者におすすめのオンライン英会話8選【判断ポイントと合わせて解説】」をご覧ください。


主に「語彙」「文法」「発音」「流暢さ」を測るテストになっているので、自分のスピーキング力があがったか測るのにはおすすめです。


ポイント

繰り返しですが、スピーキング力の向上を実感することが、オンライン英会話でモチベーションを保つためにはとても大切です。


 

オンライン英会話以外の英語学習時間を増やす


これは、上達をより実感するためのアプローチです。


英語が自在に話せるようになってくれば、英語を話すのが楽しくなるのは想像がつきますよね。


こうなるとモチベーションなどはいらず、自然にオンライン英会話を続けることができるでしょう。


英会話カフェや国際交流会を使ってリアルでも英語をはなしてみたり、独り言で英語を話してみたりして、オンライン英会話以外での学習時間を増やしてみましょう。
 

自分に合うオンライン英会話を探す


そもそも自分のスタイルと合っていないオンライン英会話を選んでいる可能性があります。


サッカーの練習をしたいのに野球グラウンドを使う人はいないですよね。


ポイント

今使っているオンライン英会話が自分にとって合っているのか確認したい方は「【必見】オンライン英会話の選び方完全ガイド【7つのポイントを歴2年半の筆者が解説】」をご覧ください。


 

まとめ:オンライン英会話のモチベーションアップ法を押さえ、さらなるレベルアップを目指そう!

今回はオンライン英会話におけるモチベーションの高め方についてご紹介しました。


具体的な実践法は9つご紹介しましたが、モチベーション維持の上で根幹を担うのは次の3つだと考えます。

  • 目的の明確化
  • 適切な環境づくり
  • 成果の測定


この3つを常に意識しながら学習することで、モチベーションを保ちながら学習を続けることができるでしょう。


初心者の場合はなかなか成果がでないので、モチベーションも保ちにくいですよね。僕も全く同じ状態だったので、冒頭で見せた通り半年で20レッスンという悲惨なスタートでした。
 

それでも、実際にこの3つを明確に意識し始めてから、月30レッスン以上を継続できるようになりました。


みなさんも、小さな成果を実感しながら、目標を持ってオンライン英会話を継続してみてください。応援しています!


※モチベーションが下がることがあれば、またこの記事を再確認してみてください。


本記事の内容は以上となります。
 

このブログでは、「留学未経験」の「社会人」が「国内」で英語が話せるようになるための実践法について記事を書いています。


これらの記事が英語を話せるようになりたいと思っている人の挑戦の後押しになればうれしいです。


以上です。

-活用法

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5