独学ノウハウまとめ

日本にいながらでもできる!英会話を独学で学ぶ方法について

2020年12月26日

英会話を始めてみようと思っているんだけど、英会話スクールは少し高いなぁ。そんなにお金がかからないで、日本にいながらでもできる英会話に挑戦したいんだけど、何かいい学習方法を知りたいなぁ。

そんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • 英語の学習を続ける上で大切なこと
  • 英会話の勉強方法について
  • 英会話を勉強する上で大事なポイント

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、留学経験もなければ海外に住んだ経験もありません
英語を話せるようになるために、日本で英会話を独学で学んできました。

★実践したこと★
・日本で行われている国際交流会(Meetup)に50回以上参加
・6つの英会話カフェで英会話を実践
・日本にいながら30か国以上の人と英会話経験有り
・オンライン英会話:220回以上のレッスン受講

まだまだペラペラではないですが、自分の言いたいことを英語で表現できるようになってきています。

日本にいながらでも英語は続ければ話せるようになってきます。そんな実体験も例に入れながら、英語を独学で学ぶ方法について解説していきます。

※本記事は、ある程度の英語の基礎知識がある人向けに書いています。目安で言うとTOEIC500点以上の、基本的な単語や文法は理解している人向けです。
※上記にあてはまらない英語学習初心者の方には、別途初心者用の英語勉強法についての記事を書こうと思います。

それでは、本文にいきましょう。

英語が話せるようになるとどうなるのか

まず、なぜ自分が英会話を勉強するのかを考えてみてください。

なぜなら、英語学習の目的を明確化することが学習のモチベーションを保つ一番大事なポイントだからです。

日本にいながら英会話を学ぶにおいて、モチベーションの維持がとても大切になってきますが、それがとても難しいです。理由はただ一つ、「日本では英語を使わなくても生きていける」からです。

日本にいて英語を使わなくてもいいのに、それでも勉強の方法が知りたいあなたは、きっと英語を使って何かやりたいことがあるんだと思います。

英語を使って将来のやりたいことをやっている自分を、いつでも明確にイメージできるようにしましょう。

ぼんやりとではなく、はっきりイメージしましょう。例えば、

  • 英語を話せるようになって、彼氏彼女や友人と海外に行ったときに、英語を話して周りにドヤりたい!すごいと思われたい!
  • 英語を話せるようになって、将来はアメリカの企業で英語を使って仕事をし、お金をたくさん稼ぎたい!
  • 英語を話せるようになって、海外の友達を作りたい!旅行の時に、その現地の子といろんなところに遊びに行きたい!

なんでも構いません。

英会話は、あくまで自分のやりたいことを実現するための手段です。

将来英語が話せるようになっている自分を思い描き、やりたいことができるようになっている将来を想像してみると、しんどい時でも英語の勉強を続けることができるはずです。

✔ 将来、自分が英語をしゃべっている姿を明確にイメージしておくことが大切

独学で英会話を学ぶ方法について

結論、英会話は独学で学んで身に付けている人がほとんどです。

なぜなら、やることはたった一つ、「英語をたくさん話すこと」だからです。

実際、下記サイトを参考にしていただければと思いますが、英語学習をしている人のほとんどが学習方法について自己学習系の回答をしています。

>>英語学習をしている496人にアンケート!学習方法や1日の学習時間、費用まで徹底調査!

この回答は英語学習の全般を指していますが、英会話の学習方法も変わらず、自分でオンライン英会話や英会話カフェに行き勉強している人が大半です。

それでは、英会話の学習方法について、具体的に何から始めればいいのか次の3つの項目でそれぞれ見ていきましょう。

  • その①:無料でできる勉強方法
  • その②:1000円以下でできる勉強方法
  • その③:少しお金をかけておこなう実践的な勉強方法

その①:無料でできる勉強方法

1. Siri

スマホの音声認識機能であるSiriですが、日常的に使っている人はどの程度いるでしょうか。

このSiri、英会話の学習にはとてもおすすめです。

なぜなら、自分の発音が正しいのかを知ることができるからです。

日本語でもそうですが、はっきり丁寧に発声しないと、Siriは言葉を誤って認識してしまうこともあります。

Siriに英語を認識してもらえれば、間違いなく対面で外国の人と話すときも通じます。

自分が言いたい表現を学習して、それを実践する方法として、Siriの活用はとてもおすすめです。

2. 英語日記

これは、日本で3年間独学で英語を学び、その後「英語日記BOY」という本を出版された新井リオさんが実践していた勉強方法です。

具体的には、自分が表現したいフレーズや取り入れたいフレーズを自分が書く日記の中に入れていき、その表現を瞬時に言えるようにひたすら練習していくという方法です。

英会話のあまりよくない学習例で、英会話フレーズ集を買って、そのフレーズを一つ一つ言えるようにすることを実践する人がいます。

でも、その中には、自分が表現する中であんまり使わないだろうなという表現も含まれています。

その言葉を一つずつ覚えるよりも、実際に自分が英語を話す中でよくつまずく表現をメモし、そうした言葉やフレーズを日記の形で残しておきます

将来英語が話せるようになっている自分を思い描き、やりたいことができるようになっている将来を想像してみると、しんどい時でも英語の勉強を続けることができるはずです。

✔ 自分が使いそうなフレーズを日記という形でストックして残していく。

日記の書き方としては、最初から英語だと表現できるフレーズが限られるので、日本語で日記を書いていきます。

その日記の中に、自分が使いたいと思ったフレーズもまずは日本語で書いていきます。

その後、調べたりしてもいいので、自分が考えた日本語の言葉を英語に直していきます

それを声に出して反復し、英語を話すときに繰り返し使うことで自分だけのオリジナルフレーズを蓄積していく方法になります。

実際に、芸能人Youtuberのふわちゃんも、テレビでこのやり方で日々英語のレベルを保っていると言っています。※ふわちゃんは英語を話せます。笑

上の方法を実践するだけでできますが、もっと詳しく方法を知りたいという方は実際に「英語日記BOY」を読んでみてください。

また、新井さんについてもっと詳しく知りたいという方は、HPリンクを書いておきますので、こちらから飛んでみてください。

>>新井リオの英語BLOG

3. HelloTalk

このHelloTalkですが、無料で使えるコンテンツの中で一番おすすめしたいコンテンツです。

なぜなら、これを使うことによって2で述べたオリジナルフレーズのアウトプットもできれば、そのフレーズが自然な表現かネイティブの人にも添削してもらえます

更には、外国に住む日本語を勉強している人とつながることができ、電話で直接会話できたりもします

こんな願ったりの機能も全部無料で使えちゃうよ!

HelloTalkは言語学習者のためのスマホアプリで、ユーザー数は全世界で1300万人以上といわれています

始めに自分の母国語と学んでいる言語を設定するだけで、自分のタイムラインに日本語を学ぶ外国人の投稿が流れてきます。

フォローしていなくても日本語を学ぶ外国人の投稿を見ることができる、いわば英語に特化したTwitterのようなものです。

その中で、自分から何か英語で投稿すると、外国の方から反応してもらえたりして、お互いの言語を学び合っているもの同士なのでとても会話も弾みます。

そのままアプリ内で電話することもできてしまうため、実質無料でできるオンライン英会話のようなものです。※ただし、いきなり電話をするのは英会話初心者の人にはちょっとハードル高め

また、投稿する際に「添削をお願いします」というボタンを添えるだけで、英語ネイティブの方から添削された分が届く仕組みとなっています

無料でできる英語の勉強方法を知りたい!と言われれば、僕は必ずこのアプリをお勧めします。ぜひ「HelloTalk」で検索してみてください。

その他:YouTube

自分はYouTubeを活用しての勉強はそれほどしていません。

英語学習系のYoutuberさんは、その学習方法など有益の情報を発信してくれているのですが、勉強方法などのインプットを増やすよりアウトプットの時間を多くとりたいと思ったので、あまり時間を割いていません。

英語学習の方法について発信されている英語学習系YouTuberはたくさんいるので、実際にその方法を学び実践してみたいと思う人には優良のコンテンツがたくさんありますが、独学で進めていく上ではそれほど重要視していません。

それでも、たまに勉強方法を見直したいときや、英語のリスニングの勉強に使う分にはおすすめのコンテンツもあるので、参考に以下で紹介していきます。

Atsueigoさん

Asueigoさんは英語学習系YouTuberで、登録者数は28.9万人に上ります。

TOIEC満点や英検1級を取得するまでに勉強した方法についても語られていたりします。

>>Asueigoチャンネル

TEDx Talks

TEDは世界の著名人によるプレゼンテーションであり、内容的にも優れているものが多く世界的に注目を集めているコンテンツです。

彼らの英語は中級者向けにちょうどいいスピードのプレゼンになっているので、リスニングの勉強教材としてはおすすめです。

>>TEDx Talks

その②:1000円以下でできる勉強方法

1. 国際交流会(Meetup)

Meetupとは、共通の趣味の人たちと交流するイベントで、今回ご紹介するのは英会話に特化した交流会についてです。

日本にいながら効率的に英語を学ぶ一番の方法は、このMeetupに参加することだと考えています。

Meetupに参加さえすれば、たくさんの外国の方や英語を勉強している日本人に出会えるので、直接英会話を実践する場所にもなれば、英語学習のモチベーションにもつながる英語学習者と出会うことができるからです。

でも、いきなりそんな場所に行っても、うまく英語を話せるかもわからないし、何言ってるか聞き取ることもできないだろうし、こわいよ。。

最初は怖くて当然!話せなくても、あまり交流できなくてもいいから、まずは行ってみることがとっても大事だよ。

僕自身も、はじめてミートアップに参加した日のことはとてもよく覚えています。

せめてお酒があったほうが話しやすいかと思って夜の部に行ったのですが、ほぼ一人の外国人とも話せず、英語が話せる日本人の人数人と話すだけで帰ってきてしまいました。。

でも、それでもめげずに何回かトライすることで、少しずつ外国の方と話す抵抗感がなくなっていきました。

そうした経験を積み重ねて、今ではミートアップで述べ100人以上の人と連絡先を交換しています

怖いのはわかる!でも、外国人の方と話せるようにならないと、当たり前だけど英語は習得できないよ!まずは行くだけでもいいから行動してみよう!

Meetupの更なる利点として、お金もそれほどかかりません。参加費はほとんどの会が1回500円です。多くても1000円までしか払ったことがないです

実際に行われている場所ですが、東京都内だけでも、以下の場所で定期的に開催されています

都内開催場所:新宿、渋谷、恵比寿、品川、新橋、虎ノ門、等々

もちろん東京都以外にもたくさん参加できるイベントもあります。

英会話学習者にはおすすめの勉強方法なので、ご興味を持った方は以下のサイトよりMeetupに申し込んでみて下さい。

>>国際交流 Meetup

2. Netflix

Netflixは自分の英会話のアウトプット用には使えませんが、リスニングと新しいフレーズの調達にはとてもおすすめです。

Netflixでは、様々な海外コンテンツがあり、そのほぼ全ての作品で英語字幕と日本語字幕を付けられるので、ただ字幕をつけていまいち日本語の意味をりかいしきれないYouTubeでの英語学習より断然おすすめです

また、英語ネイティブの人同士のリアルな英語表現を学ぶことが出来るので、シンブルに自分が表現したいフレーズなどを塗図むことができます。

特にリアリティショー系は、ドラマや映画の表現と違い自然な会話表現を学ぶことができるのでおすすめなので、いくつかのコンテンツも併せて紹介しておきます。

・Love is blind
・5ファースト・デート

どちらも恋愛系ですが、一番リアルな会話を学ぶことができるのでおすすめです。

まだNetflixに加入していない方は、英語学習のために加入してみるのもいいと思います。

>>Netflix

その③:少しお金をかけておこなう実践的な勉強方法

1. オンライン英会話

今までの英会話の実践方法を学んできたけど、でもやっぱりいきなり外国の方と会って英語で話すのは怖いよ。。

90%以上の英会話初心者の方が、Meetupの部分を読んでこう感じたかと思います。笑

そんな方におすすめなのは、オンライン英会話です。

オンライン英会話では、月額料金を払うことでネイティブや第二言語として英語を話す講師たちと1対1で英会話をすることができます

これであれば、ある程度のレベルにいくまで一人で英会話を話す実践経験を積むことができます。

オンライン英会話といっても種類がたくさんありますが、その中でも本当に英語を話せるようになりたい方におすすめなのが「NativeCamp」です。

理由は明確で、他のオンライン英会話のサービスは1日1レッスンが基本で、予約した時間に合わせてレッスンを行うのですが、NativeCampは1日何回でもレッスンを受けられ、しかも予約がいらず、思い立ってから1分以内に英会話を始めることができます。

それでいて、月額の値段が6480円で、他のオンライン英会話サービス大手の「レアジョブ」「DMM英会話」とほぼ同額です。

アウトプット量を増やしたいと思う人には、圧倒的にNativeCampをおすすめします。

1週間は無料体験もできるので、以下に無料体験用のリンクを張っておきます。

1週間無料キャンペーンを実施中!

もし英会話を本気で身に付けたいと思う方は、NativeCampから始めてみてください。

また、何回かレッスンを受けて、英語で外国の方と話す抵抗感がなくなってきてから、Meetupなどのイベントに参加することをおすすめします。事実僕も、Meetupに参加する前に、何回かこのオンライン英会話を実践してから臨んだので、この順番がおすすめです。

2. 英会話カフェ

英会話カフェも、Meetupと併せておすすめしたい学習方法の一つです。

英会話カフェでは、交流会というよりかは一人の外国人のサポート役のような人がいて、その人を囲んで英会話をおこないます

Meetupはずっと話せないと一人になってしまうことも正直あるのですが、英会話カフェは一つの卓で数人で会話する形式なので、誰とも会話できないという状況は起こりずらいです。

また、たくさんの英会話カフェで「初心者テーブル」というものを設けていて、初めて外国の方と直接会って話すには一番うってつけの場所だと思います。

そんな英会話カフェの中でもオススメは「LanCul」です。

僕自身、都内の6つほどの英会話カフェに行きましたが、このサービスほど色々な場所で実施されているところがありません。それと比較し、LanCulでは都内だと以下の場所で、色々な時間で会をほぼ毎日開催しています。

都内開催場所:下北沢、渋谷、新宿、池袋、自由が丘、中野、吉祥寺、等々

初心者テーブルが用意されているところも多く、英会話を始められたばかりの方はこちらに参加されてみるといいかと思います。

本来、月額12000円程するのですが、今なら月額2980円で申し込みができます。また、無料体験も実施しているので、対面で外国の方と話してみたい!と思った方は、ぜひ申し込みしてみてください。

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

英会話学習を継続する上で大事なポイント

最後に、上記の学習方法を実践し継続していくために、大切なポイントを2つ解説していきます。

その①:目的とゴールを明確にする

最初の方でも述べましたが、英語を学習する目的とゴールを明確に決めておいたほうがいいです。

上記を行動するだけでも勇気がいることですが、英語学習を継続させることはなかなか大変です。

少し勉強に飽きてしまった時、挫折しそうになった時、かならずやりたかったことを振り返られるように、ぶれない明確な目的となりたい自分はイメージできるようにしましょう。

その②:仲間を作る

英語学習を成功させる上で一番大切なことは、英語を共に学ぶ仲間を作り切磋琢磨すること、だと僕は考えています。

英語を話せる方で、その勉強方法を発信している人は、自分の勉強方法にフォーカスして話しています。

その勉強方法ももちろん大切ですが、英語学習のモチベーションを維持することが最も大事です

一人で英語を学習していても、日本にいる以上環境的に途中でかならずモチベーションが落ちてきます。

こうした時に、一緒に勉強し合っている友人や、励まし合える友人がいることが大切です。

この課題を解決するために、MeetupやLanCulのような人と直接交流できるような会に参加し、英語を一緒に勉強する仲間を作りましょう。

まとめ:なりたい自分を想像して英会話にチャレンジしよう!

本記事では、独学で英会話を学び方と実践方法の紹介、また学習する上での大切なポイントについて紹介してきました。

英語学習は「行動」と「継続」がとても大事です。

これを続けられた人が、英語を話すことができるようになります。

まずは行動からなので、上のサービスのどれかを、まずは始めてみることをおすすめします。

この記事が少しでも英会話にチェレンジしたいと思っていた方の後押しになればうれしいです。

今回は以上です。

-独学ノウハウまとめ
-, , , ,

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5