WORK

サラリーマンでも失敗しない!おすすめの副業について【具体例あり】

2020年12月20日

サラリーマンでもできる、おすすめの副業について知りたいんだけど、何が僕に合っているのか全然わからないんだよね。。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • どの副業が一番いいのか
  • サラリーマンができる副業とは
  • サラリーマンにおすすめの副業について
  • 副業を始める具体的な方法とは

最後には具体的な行動アクションについても記載しているよ!

それでは、本文へ行きましょう。

結局、サラリーマンにはどの副業が一番おすすめなの?

結論、サラリーマンにおすすめの副業ですが、その人の目的によって異なります。

自分が副業をしたい理由は、絶対に明確にしておいたほうがいいよ!

「副業をしたい!」と思われているサラリーマンの多くは、今の仕事とは別でお金を稼ぎたいと思っていることでしょう。

ただ、その目的はそれぞれ微妙に違うのかなぁと思います。

例えば、

  • リスクを最小限にして稼ぎたい
  • とにかく楽して稼ぎたい
  • 今後独立していくために力を付けたい

こういった目的の違いで、おすすめする副業は変わってきます。

なので、今回は以下の観点でサラリーマンにもおすすめできる副業について、それぞれ書いていきたいと思います。

  1. リスク最小限で始められる副業
  2. 楽で簡単に始められる副業
  3. 稼げる副業

サラリーマンがしてはいけない副業とは?

おすすめの副業に行く前に、まずはおすすめしない副業についてお話します。

まず一番初めにやってほしいこととして、サラリーマンである皆さんは、自分の会社の就業規則を確認してください。

近年、働き方改革や副業解禁という言葉を聞きますが、副業をOKとしている会社もあれば、いまだに副業NGの会社もあります。

僕の会社は副業NGだった。てことは、どんなに副業をしたくても、僕はできないんだ。。

こんな悩みを抱えた人もいるかもしれません。

ただ、結論から言うと、正しい方法でやれば、99.9%会社にはバレません。

その方法もきちんと順を追って学んでいきましょう。

※ここで言うバレるバレないは、悪いことをする/しないではありません。笑

副業がバレてしまう仕組みについて

サラリーマンは、他の会社で雇われてそこで働いてしまうと、会社に副業していることが100%バレてしまいます。

会社に副業として雇われてもバレますし、バイトとかでも同じくバレます。

副業がバレてしまう理由は、基本的に三つしかありません。

  1. 自分でしゃべってしまう
  2. 本名(フルネーム)でネットビジネスをしてバレてしまう
  3. 住民税の仕組みによって会社にバレてしまう

1.と2.は解説しなくていいかと思います。笑

副業がNGの会社であれば、なるべく社内の人には副業していることを話さない方がいいでしょう。

問題は3.の「住民税の仕組み」です。

ダメだ、、税金については全く詳しくない。お手上げだ。。

上記のように思われた方、すごーく丁寧に解説しますし具体例も付けるので、なんとかついてきてください。笑

なぜ副業がバレてしまうのか

住民税とは、住んでいる市区町村に収める地方税の一つです。

サラリーマンのみなさんも、毎月給料から天引きされているかと思います。

住民税は、誰がどこから情報をもらって決めているの?

各市区町村が、君が所属している会社から報告を受けて、君の所得を知るよ!

この仕組みによって、副業がバレてしまうリスクがあります。

これは、所得税はそれぞれの会社から国に払われますが、住民税は給料の多い会社がまとめて払うというルールになっているからです。

このせいで副業がバレてしまいます。具体例を挙げて説明しますね。

(例)サラリーマン&他の会社で副業orバイトをしている場合

・会社(本業)の課税所得:300万/年
・他の会社orバイトの課税所得:30万/年
※課税所得:税金の計算の対象となる所得のこと。

住民税は年間の所得の10%なので、この場合、本業分の住民税は30万円、その他分の住民税が3万円となる。

これを市区町村がそれぞれの会社に連絡してくれればいいが、まとめた33万円を給料の多い会社に金額連絡してしまう。

そっか、会社は住民税が30万円だと思っているのに、市区町村から会社へ連絡される住民税の金額が33万円だったら、あれ?ってなるね。

そゆこと!だから、会社にバレるってのは、会社の経理にまずバレて、そこから巡ってバレるってことなんだよね!

こういった仕組みで会社に副業がバレてしまうので、副業NGな会社で働いているサラリーマンは、上記のような副業をしないことをおすすめします。

とはいえ、社会全体で見ても副業解禁の流れはあるから、今はNGでもそのうちOKになるかもしれないね。

あとは、副業で稼げるようになってきたら、確定申告を正しい方法でやれば会社には100%バレません。

ただ、このあたりは稼げるようになってから知ればいいと思います。笑

※いくら稼げば確定申告がいるのか、会社にバレないように確定申告を行う方法について書いていただいているサイトがあったので、念のため確認したい方は以下の記事を見てみてください。

>>副業がバレないように確定申告するための全知識

また、副業OKの会社で働くサラリーマンも、実際は「副業をしていることがバレたくない!」が本音だと思います。

その場合でも、上記のようにしっかり確定申告を行えば会社にはほぼ100%バレません。

※更にサラリーマンと副業の関係について詳しく仕組みを知りたい!完全に仕組みを把握して会社にバレる不安をぬぐいたい!という方は、以下のYouTube動画をぜひ見てみてください。

第42-1回 職場(会社)にバレない副業の始め方【お金の勉強 初級編】
第42-2回 職場(会社)にバレない副業の始め方【お金の勉強 初級編】

サラリーマンにおすすめの副業とは

そろそろおすすめの副業教えてよ。

ごめんごめん(笑)じゃあ、紹介していくね。

それでは、一番最初に言った以下三つの目的別に、それぞれおすすめの副業を紹介していきます。

  1. リスク最小限で始められる副業
  2. 楽で簡単に始められる副業
  3. 稼げる副業

1. リスク最小限で始められる副業

サラリーマンが副業をするにあたって、一番恐れているのは「損をしたらどうしよう」だと思います。

できるだけこの損失を減らすためには、以下の3つの観点がとても大事です。

  1. 在庫がゼロ/少ないか
  2. 初期費用が少ないか
  3. 固定費が少ないか

これらを満たせていない副業というのは、基本的に副業初心者が手を出すにはリスクが高いビジネスになります。

例えば、副業として実店舗のカフェをオープンしたいと考えたとします。

上の三つの観点で考えてみましょう。

  1. 在庫がゼロ/少ないか ⇒ 販売する飲み物や食べ物を在庫として持つ必要がある。
  2. 初期費用が少ないか ⇒ お店を建ててモノを全て揃えるのにお金がかかる
  3. 固定費が少ないか ⇒ 毎月家賃や人件費等がかかる

てことは、カフェを開くって凄く難易度が高いんだね。

逆に言うと、上記3点が満たせている副業については、初期費用もほとんどかからなければ、在庫や固定費が多くかからないので、利益率も高いビジネスになります。

例えば、以下のような副業は上記3つの項目を満たしています。

  • 専門性があり個人で稼げる仕事(プログラミング/Webライター/コンサルティング)
  • ネットビジネス(メルカリ/ブログアフィリエイト/クラウドソーシング)

専門性の高い仕事はすぐに始めるのが難しいと思うので、おすすめは専門性がなくても始められるネットビジネスです。

上記のネットビジネスの詳細は後述します。
※アフィリエイトとか、クラウドソーシングとかも、きちんと説明します!笑

楽で簡単に始められる副業

サラリーマンはなかなか時間が取れません。

平日の日中は本業の仕事、ご家族がいれば土日は家族サービス、といった形で自分のために使える時間が少ない方もいるかと思います。

隙間時間を使うだけで、楽に稼げる仕事があればいいんだけどなぁ。

隙間時間を使って少しでもお金を稼ぎたいという方には、以下がおすすめです。

  • ポイントサイト
  • メルカリ
  • オークション系

実際に隙間時間を使ってお金を稼ぐこともできるかと思います。

ただ、もちろん稼げるには稼げますが、単発性が強く、継続的にお金を稼いで行きたい人にはあまり向いていないかもしれません。

楽ではないが稼げる副業

楽で稼げる副業があれば一番いいのですが、そんなビジネスはなかなかありません。

ただ、プログラミング等の専門性の高い仕事は、かなりの時間を費やさない限りスタートラインにすら立てません。

すぐに始められて、今後稼いでいけるビジネスに絞ると、サラリーマンには以下の副業がオススメになってきます。

  • ブログアフィリエイト
  • クラウドソーシング

努力してもいい。今後のために自分の力で稼げるようになりたい!と思っているサラリーマンには、このあたりの副業がおすすめだよ!

これらは専門性が高くなくてもすぐに始めることが出来ます。

もちろん稼いでいくためには、仕組みだったりノウハウについて勉強していく必要はありますが、まだまだ稼いでいくことが可能な副業です。

それぞれ解説していきます。

ブログアフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のメディア(ブログ等)に掲載している商品の広告を誰かがクリックし、そのままその商品が売れたら報酬が受け取れる仕組みのことを言います。

ブログで稼ぐとよく聞きますが、具体的に何をしていたかというと、ブログにある商品の広告を載せて、その商品が売れた時にその報酬をもらって稼いでいた、ということになります。

ブログは終わったってたまに聞くけど。。

結果を出しているブロガーさんたちの多くが「最近ブログアフィリエイトを始めている教え子たちも、着実に稼げるようになっている!」と発言されているよ!

しかも、副業ブロガーという言葉があるくらい、サラリーマン×ブログを実践されている方はとても多いので、そういった方を参考に実践できるところもおすすめのポイントです。

私自身も、サラリーマンをしながらこのブログを執筆しているので、どなたでも実践できる副業の一つかと思います。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、まず何なのかを説明します。

“クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うこと。また、そのような受発注ができるWebサービス。”
出典:IT用語辞典 E-words

つまり、ある会社が、プロアマ問わずに仕事を発注し、そこに働きたいと思う人が手を挙げ、マッチングが成立すれば仕事を受注できる仕組みです。

これは、外部に仕事を発注している案件をまとめたサイトがあり、そこに自分も登録することで、仕事のやりたい仕事や案件を探すことができます。

実際に、このクラウドソーシングを使って稼いだ事例として、「佐々木ゴウ」さん(@goh_SSK)という方がいます。

この方が実践したことについてまとめてくれているサイトもあったので、下記にリンク先を掲載しておきます。

>>>サラリーマン時代にクラウドソーシングで15万円稼いだ佐々木ゴウさんの凄さ

副業を始める上での具体的な方法

まずは、何でもいいから自分で考えてやってみる

何事も、成功するにはいろいろな道/手段がありますが、失敗するのは決まった原因や理由があります。ここを避けなければいけないです。

副業が失敗する原因は「副業をしないこと」と「継続しないこと」です。

結局何からやればいいか迷っていて、なかなか副業が始められない人がほとんどです。

まずは、上記のおすすめの副業でも、それ以外の副業でも構わないので、実際に何か始めてみて、やりながら考えていくことをおすすめします

結局、やらないことには何が通用しないかもわからないので。

副業をやられている方を見つけてみて、どんな発信をしているのか、その人のメディア(Twitterやブログ)をのぞいてみたり、本を読んでみたりするのもいいかもしれません。

サラリーマンが副業をするにあたってオススメの本もあるので、紹介しておきます。

その①:『ど素人でも稼げるネット副業の本』

その②:『複業のトリセツ』

その③:『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』

誰か参考にする人(メンター)を探す

実際に、副業を始めてみると、なかなかうまく行かずに壁にぶち当たることもあるかと思います。

そういう時は、誰か同じ道で成功している人を見つけて、実際にお会いしてみたり話を聞いてみたりしましょう。

今の時代、ネットでググればいくらでもそういう人を見つけることが出来ます。

また例えば以下のようなメンターを探すことが出来るようなサービスもあります。

>>メンターをさがす|MENTA

まず行動が出来て、そのあと継続していく上で困難なことがあれば、こうしたサービスや人を頼りにしましょう。

まとめ:サラリーマンでも努力すれば稼げる副業はある。

最後まで、本記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は、サラリーマンにおすすめの副業について、本や自分の体験をもとに解説してきました。

繰り返しになりますが、副業で成果が出ない人は「何か始める段階で考えすぎて結局始めない」or「継続しない」人が多いです。

まずは、誰かに考えていることを相談してみたり、本を読んだり、実際に手を動かしたり、何か始めてみてください。

行動していれば、その中で分かることがたくさん出てきます。

それらが少しずつ積み重なり、成果となって現れるでしょう。

この記事が、少しでもみなさんの挑戦の後押しになればうれしいです。

今回は以上です。

-WORK

© 2021 Learn English in Japan Powered by AFFINGER5